Amazonプライムビデオが最強といえる2つの理由

スポンサーリンク
激熱!お気に入りグッズ
スポンサーリンク

Amazonプライムビデオが、最高に使えると思うポイント

Amazonプライムビデオが最強の理由① コンテンツをダウンロードできる

Amazonプライムビデオが最強の理由② コストパフォーマンス+FirestickでTV視聴が最高!

Amazonプライムビデオは、
上記の2つのポイントが絡み合った時の
満足度が半端ないサービスです。

以下で説明したいと思います。

AmazonプライムビデオはダウンロードできるVOD

Amazonプライムビデオの一番の強みは、

スマホやPC タブレットなどの デバイスに
例えば、映画やアニメ、お笑いなど、

プライム会員特典で無料で見れる、
好きなコンテンツを ダウンロード して見れること。

これに尽きます。

この機能は、
私がVOD(ビデオオンデマンド)サービスとの契約を考えたときに
最も重要視したポイントです。

映画などの映像コンテンツを 家のWi-Fiやスポットwifiで
ダウンロードしておけば、

wifiが無い場所でも、通信データ量を全く気にすることなく
どこでもコンテンツを楽しむことができます。
(同時にダウンロードできる端末は2つです)

もちろん、
WiFi が無いところでも、LTEを使って通信しながら見ることは出来ますよ?

ですが、
映像データは大きいですし、
データ通信量って気になるじゃないですか?

あぁ~、今月あと何ギガ使ったら速度制限かかっちゃう( `ー´)ノ とか、
気にしてたらストレス溜まります。

ダウンロードサービスを、 Hulu や  Netflix がやってくれれば、
コンテンツ的な魅力は大きいので、
そちらと契約していたかもしれませんが、

ダウンロードさせてくれないんだもの。

↓ Huluのコンテンツを見てみる ↓

今のところ、VODで、ダウンロードできるのは、
Amazonプライムビデオ と dTV だけです。

ダウンロード可という面では、
Amazonプライムビデオ 同様 dTV もダウンロードできます。

コンテンツの質と量は、明らかにdTVの方がAmazonプライムビデオより上、
思わず見たいと思う、聞いたことあるような「映画」や「アニメ」が多いです!!

dTVの内容(コンテンツ)で、月額500円(税抜)は安いと思います、
(会員数№1も頷ける)

↓ dTVのコンテンツを見てみる ↓

ですが、
ビデオ+ネットショッピング+その他ミュージックや写真クラウドストレージなど
プライム会員に付随する他のサービスでのメリットを含めて
総合的に判断すると、

Amazonプライム会員のコストパフォーマンスは断トツです。

本当に、入っていて当たり前レベルです。

ビデオだけの話に戻すと、
Amazonプライム会員で、とりあえず見たいコンテンツを全て観て、
その先のAmazonでは見れないコンテンツは、
後から考えればよいのでは?

プライムビデオだけでも、見切れないほどコンテンツありますから( ;´Д`)

コンテンツをダウンロードすればこうなる

旅行など長時間の移動のとき、

子供達がケンカしない。

家族旅行などで長時間クルマに乗って移動していると、
後部座席に座っている子供達ケンカしますよね( ゚Д゚)

ウチは 必ずします。
喧嘩しだすと、車内の雰囲気が一気に変わり、みんながイライラモードに突入します。

そんなとき、

事前にタブレットなどにドラえもんの映画をダウンロードしておけば、
おとなしく、お利口さんで映画を見てくれることでしょう。

と思いきや、

うちの場合は、どの映画を見るか?でケンカするのですが( ;∀;)

この場合、
タブレットがあれば画面サイズがちょうど良いくらいで使いやすいです。

※コンテンツは定期的に入れ替わりがあります

通勤時間が映画鑑賞の時間に早変わり

通勤時間って何をしてますか?

スマホで情報収集/ソーシャルゲーム/読書/仕事/TV など

人それぞれだと思います。

が、

スマホにプライムビデオのアプリをインストールすれば、
あなたのスマホにもプライムビデオのコンテンツがダウンロードでき、
いつでも見ることができます。

通勤中・お昼の休憩中でも 通信量を気にせず
今まで見る暇の無かった「いろんなコンテンツ」を事前にダウンロードしておいて観る。

そんな使い方も良いのではないでしょうか?

レンタルビデオで借りてる人ほどVODがお勧め

レンタルビデオで映画などを借りる方は、
借りたら返しに行かなければなりません。

その点、
VODはネット環境さえあれば、どこでも観ることが出来ますし、
返しに行く手間がありません。

Amazonプライムビデオでも、
最新作は課金すれば見ることが出来ますし、映像を購入することも可能ですので、
レンタルと同じように利用することが出来ます。

家に居るだけで、好きなものを好きな時にできる便利さを
一度体験すると元に戻ることは出来ません。

ダウンロード可能本数は、25本!!

「アニメ」や「ドラマ」をシーズンでダウンロードしようと思えば、
1話 1本 換算なので、本数が増えがちですが、
「映画」なら長くても1本 長い時間楽しめます。

ダウンロード上限は 25本までできるので、
充分沢山ストックできると言い切っていいでしょう。
(Amazonオリジナルコンテンツはカウントされないのでお得)

本数上限に達しても、
見終わったものを削除すれば、
すぐに次に見たいものを取り込むことが出来ます。

コストパフォーマンスは最高

ご存知かもしれませんが、
Amazonプライムビデオは、
Amazonプライム会員の特典の一つです。

プライムビデオを見ようと思ったら、
Amazonプライム会員になる必要があります。

Amazonプライム会員は、年間契約で、3900円ですから、
月額計算すると、325円です。

ビデオを見れて、

アマゾンで買い物しても、送料無料でほとんどのものが買えますし
役に立ちすぎです、Amazonさん。

他にも、
写真をクラウドに保存してくれたり
音楽も無料でたくさん聞けるし、
タブレットは安く買えるし、

8インチタブレットが8,980円で買えるとか破格すぎる!!

Amazonプライム会員特典は沢山あるので、
それは、Amazonプライムのサイトで確認してみてください。

Amazonプライムビデオは、AmazonFire TV Stickとの連携でもっと使える

プライムビデオと切っても切れない激アツアイテムが、
Fire TV Stickです。

Fire TV Stickは、
テレビのHDMI端子に挿すだけで

Amazonビデオ
Hulu
Netflix
YouTube
AbemaTV
DAZN
dTV その他一杯・・・

豊富な映画やビデオを大画面テレビで映せるようにするアイテムです。

機能的には、
グーグルのクロームキャストと同類の商品になりますが、

クロームキャストを買おうと思っているなら、
firestickの方が断然お得なのは間違いありません、
プライム会員でなくともです。

リモコンが使える分
クロームキャストよりも使いやすいですし、
扱うコンテンツも豊富、

これまで、
HuluやNetflix 他を
PC・タブレットでしか見ていなかった方も、
テレビに映せるので大勢でも見れますし便利すぎます。

新型のファイヤースティックは音声で検索できるようになり
更に使いやすくなっています。

プライム会員なら、必須アイテムですし、
プライムビデオを見ることがある人なら、
買って損は無いです。

価格もお買い得で充分に満足できるはずの4,980円です。

Amazonプライムビデオにも不満はある

これだけ勧めておいて、不満があるんかい( ゚Д゚)
というツッコミをお持ちの方もいらっしゃるでしょうが、

マジメに不満は一つしかありません。
これは、
Amazonプライムビデオを
よく利用している人なら誰しも思うことかもしれません。

それは

「見たいコンテンツが無いかもしれない」

いや、
無いかもしれないと言うよりは、

「無料じゃない」かもしれないの方が正しい。

プライムのマークがついているコンテンツは無料で見れるのですが、
無ければ、

「有料コンテンツ」です。

出来れば、プライムの範囲内で納めて、
追加料金は払いたくないじゃないですか!?

課金(購入)すれば、
それこそ世の中にある大半のコンテンツは見れるのですが、
ねぇ。

つまり、

良質で、注目度が高く、新しくて 人気のある
無料プライムコンテンツを増やしてくれ!!!と言いたいのです。

そうは言いましたけど、

順次見れる映画やアニメは確実に増えて、
クオリティーも最初に較べれば格段に上がっていますし、
現在あるだけでも、見きれないくらいの映像がそこにはあります。

特に最近はアニメが増えて嬉しいかぎりです、
邦画をもっと増やしてほしいというのはあるけど。

Amazonプライムビデオ最強の理由 まとめ

アマゾンプライムビデオは、
Amazonプライム会員特典の おまけ のようなものです。

プライム会員は、Amazonで買物するだけでも十分に価値のあるサービスなのは、
皆さんご存知の通り。

その上、
ビデオもサービスで観れるようにしてくれて
非常に「ありがたい」という気持ちしかありません。

私にとって、
こんなに満足度の高いサービス(価格を含めて)
初めてなので、

こうして、
皆さんに勧めたくなってしまうんですYO!

Amazonプライム公式サイト:Amazonプライム

コメント