シェアする

タント(L375)のバッテリー交換方法

sponsored link

タント(L375 カスタムRS)のバッテリー交換方法

スポンサーリンク

タント(L375)のバッテリーがあがった( ;∀;)

先日、私のクルマのバッテリーがあがって

応急措置として、
ブースターケーブルを繋いでエンジンをかけたことを記事にしました。

関連記事:「バッテリーあがりの対処法(ブースターケーブル編)」

この冬一番の寒気が迫って我が家のクルマのバッテリーが相次いで
悲鳴を上げてしまいました。

私のクルマのバッテリーあがりの原因は、
娘がルームライトを点けっぱなしにしていたのを気付かず、
一晩 越してしまったことでしたが、

嫁さんのクルマのバッテリーは、
冬と言うのもあるでしょうが、
単純に寿命でしょう。

バッテリーの寿命は、どのくらい?

嫁さんのクルマ(タントL375型)は、
新車で買ってから一度もバッテリー交換をしていませんでしたので、

約7年4ヶ月 もちました。立派立派!

寿命については、
ユーザーの使用状況によって大きく変わるので一概には言えませんが、
始動回数が多い・短距離走行が多い環境は
バッテリーに対して厳しいと言われています。

基本的で簡単な判断基準として、
感覚的なモノになりますが、

エンジンスタート時のセルの回り具合(勢いがなくなる)や、
夜間のヘッドライトを点灯時に、

信号待ちなどで停車したら、
ヘッドライト自体が暗くなる
メーター周りの照明が暗くなる 等が、

一応バッテリーが弱ってきている目安になるでしょう。

私的には、
エンジンがかからなくなった = 寿命

そう思っています。

ただ、
ライトの点けっぱなし等の要因で、
一時的にセルを回すチカラが無くなっていて、
エンジンがかからない場合は、

しばらくエンジン回転数を上げ気味で走行すると
自然に充電して復活しますので、

即交換せずに、様子を見るのも手かと思います。
使えるようなら 節約にもなりますし。

先日アガッタ、
私のクルマのバッテリーは、現在も余裕で使えています。

今回の嫁さんのクルマのバッテリーは、
使用年数も長いですし、完全なる寿命と判断して、
バッテリー交換することにしました。

タント(L375)のバッテリー交換方法

適合バッテリーはクルマによって違いますので、
車検証を見て、サイズの合ったものを選んでください。
GSユアサ様の適合表はこちらから

タントL375の場合は、標準で、44B20Lが付いてました。
交換のために買ってきたのは、40B19L

バッテリー交換の基本手順

まずは、マイナス端子をハズしてから作業を始めることが重要です。

batterikoukan

バッテリー交換は、基本 10㎜のスパナ か ラチェットレンチ、
もしくはメガネレンチがあればできるし簡単だよ、なんて思っていたのですが・・

タントは、エンジンルームが狭いので難しかった!!
思いのほか 手こずりました。

まず、
バッテリー固定しているステーに、配線が2ヵ所固定してあります。

2ヵ所あります

2ヵ所あります

手前(ピンを押せば簡単にハズれます)と、
奥側下の方の(ペンチなどで挟んでもハズしにくいので落ち着いてやりましょう)

配線を止めている部品からはずしましょう。

邪魔なものを取り外したら、
バッテリー本体を運び出します。

あまり斜めにしたら、
内部の液が出る可能性があるので注意しましょう。
(希硫酸なので危険です)

タントは、
バッテリーを取り出すスペースがギリギリです!!
(ターボつきだからかもしれませんが)

ギリギリでも、少し強引に行けば何とか出てくるので、
ここは頭をひねってください。
なんとか出てきます!

出てきたら、あとは逆に組み込むだけで終了、

最後にマイナス端子を固定して終了です。

前回も書きましたが、

バッテリーがあがった時の行動の選択肢を増やすために、
ブースターケーブルを常時車に載せておくことは、
かなりの安心感につながります!

できるだけ長いケーブルがあれば最強です。

タントL375のバッテリー

JAFも入っておきたい!!
雪道トラブルバナー



ポイントサイトは得しかない!けど、ASP系セルフバックの高還元率は要チェックですよ!!
sponsored link
スポンサーリンク

シェアする

フォローする