シェアする

嫁さんの乳がん検査 ≪家族の軌跡≫

スポンサーリンク

乳がんの検査

幼稚園の娘と同級生のお母様方も
妙齢になってきて、

嫁さんの周りでは、
乳ガン検診が流行っているようです。

先日、

嫁さんも心配なので検診に行ってみよう

ということになりましたので、
家から少し離れた病院まで送って行きました。

乳ガン検査を受けるのは、
女性の病院ですので、

私が嫁さんと一緒に入って 待つのもはばかられますので
検査が終わるまでの間は、

一人ぶらぶらしていました。

乳にしこりがある!?

検査が終わって、

結果を聞いたところ、

左胸にしこりがあるとの事。

えっ?

私は気付かなかった (゚´;ω;`))

それはいいとして、
同時に心臓がドキッとして、バクバクし始めました。

続きを聞くと、

先生の経験上、
それは良性だろう可能性が高い。

と言われたそうですが、

念のため、というか不安なので

細胞を取ってもらって
検査してもらうことにした と聞きました。

もしガンだとしたら・・・

どうしよう。

先生は、

「良性だろう」と言ってくれているし、

検査の結果が出るまでは
あまり先回りして心配しないようやり過ごそう、

そう思いました。

当たり前ですが
結果が出るまでの間、

本人は勿論、周りの皆も 結構不安なんですよね。

私も健康診断の結果、
腸の再検査が必要になった時は、

関連記事:「健康診断からのラブレター」

結果(悪いかもしれない事実)を知りたくないものだから
逃げ回っていましたし。

でも、

知らずに後悔する可能性があるのなら
はっきりさせて貰ったほうが良いでしょう。

検査の結果が出るのは、
1週間後。

嫁さんと一緒に
先生の話を聞くのは

「ナシ」でお願いしたいです。

大丈夫、きっと。

私はそんなことを考えていましたが、

病院の帰り道、

嫁さんは
「見たいものがあるから」

と言って、
颯爽と雑貨屋に行くのでした。

買い物行く元気あるじゃん!

きっと
大丈夫だよね。

定期的な検査はやっぱり必要ですね、特に歳を取ってくると( ;∀;)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする