シェアする

漫画「DEATH NOTE(デスノート)」レビュー&感想 ゲスさ最強の天才と推理最強の天才の「頭脳&心理&推理バトル」から離脱できるならそれも逆に天才!人気作も当然です!!

スポンサーリンク

漫画「DEATH NOTE」デスノート/  作者 原作:大場つぐみ・作画:小畑健 レビュー&感想

デスノート 評価

個人的満足度 98%
作品的星評価 ★★★★★ 5/5

漫画「DEATH NOTE」デスノート レビュー(あらすじ)

第一部

頭脳明晰で、イケメンの高校生の夜神月(やがみ ライト)は、
ある日、通っている高校の敷地内で奇妙な黒いノートを拾う。

それは死神・リュークが落とした、
ノートに名前を書かれた人間を死に誘うデスノートだった。

犯罪者が存在しない新世界を作るため、
月は世界中の犯罪者名を次々とノートに書き込んで葬る。

やがて犯罪者を葬る者の存在に気付いた人々は
殺し屋(=Killer)の意味から「キラ (KIRA)」と呼び始め、
キラを神とあがめる者まで現れた。

夜神月=キラと、全世界からキラの逮捕を託された探偵「L」との、
頭脳バトル&壮絶なる心理戦を制するのは一体どちらなのか?

漫画「DEATH NOTE」デスノート 作品データ

作者   :原作:大場つぐみ 作画:小畑健
掲載誌  :週刊少年ジャンプ
コミックス:全12巻 完結 文庫版 全7巻 完結
掲載期間 :2003~2006年

漫画「DEATH NOTE(デスノート)」公式サイト

映画『DEATH NOTE デスノート Light up the NEW world』特設ページ|集英社

アニメ版「DEATH NOTE(デスノート)」公式サイト

DEATH NOTE デスノート

映画版「DEATH NOTE(デスノート)」公式サイト

10月29日公開!映画『デスノート Light up the NEW world』公式サイト
あの事件から10年――新たな6冊が、拡散する。映画『デスノート Light up the NEW world』公式サイト。

漫画「DEATH NOTE(デスノート)」 感想

漫画「DEATH NOTE」デスノート 感想まとめ

「デスノート」・・

映画化されていて、TVでドラマ放送もされていましたが、
全く興味もなくやり過ごしていた作品。

どちらかと言うと、映画のビジュアル、特に死神のリュークを見た時点で
面白くないだろうな と思ってしまったのが間違いだった!

主人公:夜神月と、ライバル探偵?:「L(エル)」との目くるめく
心理戦 & 推理バトル は、読み応えあり!

次の展開が どうなるのか、一気に読み進めたい作品でした。

非常に面白かった!!
それが第一の感想。

読んで良かった。

いわゆる、第一部と言われている 初代L(エル)と、
キラである夜神月の心理戦、理屈合戦は、
息が詰まるものがありますし読み応えあります。

いや、理屈的に理解不能なところもあったり、
心理の読みあいが深すぎて、読んでて頭が痛くなることもあるのだけど、

そこがまたいいのではと思えるくらい、
いろいろ考えながら読まなければならない漫画は、私が好きなタイプ。

ネット上にある、
この作品の感想を数個読んでみたのだけれど、

リアリティーがな無いとか、
設定描写がどうだとか色々書いてあって、

それを読むと、
「まぁ、そうなんだけど・・」ってなるんですが、

(確かに、デスノート使用ルールが、
後付けで増えてしまうのだけは、どうかな?と思いました)

単純に面白いと思いますよ。
この作品が、ジャンプに連載されていたっていうのには驚きですが。
(中学生とかでも楽しめるのだろうか?)

ここでは、
ネタバレ的なことは一切書きませんので、

純粋に少し頭を使いながら(日本語が分からなくなってくるのでw)
面白く読ませてくれる漫画を探しているなら、読んで損はないと思います。

そして、
最後はどちらが勝つのか?

その結末を漫画を読んで見て欲しいと思います。

あと ひとつ言いたいのは
この作品の魅力は、
作画担当の小畑健の力が大きいと言わざるを得ないと思います。

原作者と作画が別の人ということで、

あしたのジョー」もそうだったのですが、
作画の方の見せ方って非常に重要だと感じました。

小畑健は「ヒカルの碁」の作画も担当していましたが、
この漫画もまた秀逸、私のツボをついてくる絵とストーリー展開が素晴らしかった。

とにかく、読み物として面白かったし、
あまり細かいことを言わず、

エンターテインメントとして、
一度読んでみましょう!

原作漫画を読んで、
映画やドラマも見たくなってしまったので、
いつかチェックしようと思います。

「DEATH NOTE(デスノート)」を読んでみる

電子書籍最大級のeBookjapanで「DEATH NOTE(デスノート)」を試し読みしてみる
キレイな中古マンガ「DEATH NOTE(デスノート)」は全巻セットで1,990円!文庫版セットは690円!!
メルカリ(フリーマーケット)で「DEATH NOTE(デスノート)」を探してみる

マンガを無料 or 安く読むための3つの方法(無料編)
マンガを安く読むための3つの方法(有料編)