シェアする

ドイターレースX&トランスアルパイン&バイクワン比較(deuter raceX trans alpine bike one)

sponsored link

新しいドイターを買うために検討した3種のバックパック for BIKE

スポンサーリンク

レースX&バイクワン&トランスアルパイン 大きさ比較

単純にカタログスペックから見てみましょう

レースX バイクワン トランスアルパイン30
タテ 44cm 50cm 54cm
ヨコ 24cm 26cm 28cm
マチ 18cm 20cm 24cm
重さ 620g 910g 1250g
容量 12ℓ 20ℓ 30ℓ

数値だけで見ると、大きく違わない印象を受けますが、
実際にはどうでしょうか?

レースXとトランスアルパインを並べて比較した写真

家に
レースXとトランスアルパイン30(古い)があるので比較してみます。

レースXとトランスアルパイン30の比較

レースXとトランスアルパインの比較 裏ver

当たり前ですが、結構違います。

丁度この中間の大きさが、バイクワンですね。容量的にも。
(バイクワンは持っていません)

A4サイズの書類が折れずに入るのか?raceX

私にとって最も重要なのは、
A4サイズのファイルが折れずに収まるのか?というところ。

Ā4サイズが入る 且つ できるだけ小さいサイズを求めていたので、
最終的に、レースXを買うことにしました。

A4クリアファイルをレースXに入れてみる

レースXに、A4クリアファイルを入れてみた写真

レースXにA4が入る!


メインの荷室は、上部が少し厳しいけど、
折れずに入れることは可能です。

最背面は、本当にぴったり!
固定されて丁度いいです。

緑がA4クリアファイルです

※他に物が入っていれば出しにくい( ゚Д゚)

アマゾンの商品情報には、
「B5サイズ収納可」:レースX、バイクワン20 とされていますが、
レースXでA4サイズが入るのだから、
バイクワンではもっと余裕があるはずです。

トランスアルパインからレースXに替えて

良かった点

・軽い
・シンプル
・デザインが新しくなっていてカッコよい
・肩ひも部の通気性が良い
・安い
・レインカバーを外すと少し容量が増える

悪い点

・サイドポケットにペットボトルを入れると、
 メインの荷がかなり圧迫される
・通気性とバーターだが、
 肩ひもがペラペラでクッション性が無い

レインカバーは取り外せる

レインカバーは取り外し可能

レインカバーを取り外すと、荷物をその分入れることが出来ます。
ファスナーの幅が、約9㎝なので、大きなものは入れにくいですが、
レインカバーを使わない人は、
取り外した方が使いやすいと思います。

サイドポケットにペットボトル入れると、荷室が圧迫される


容量との兼ね合いで仕方ありませんが、トランスアルパインと比べると、
本体のマチが小さいので、サイドポケットに容積のあるものを入れると、
荷室が圧迫されやすいです。

内ポケットも及第点

内ポケットは、メッシュファスナー付

ポケット数は多くありませんが、
ファスナー付の内ポケットがあるので、
大事なものを入れておくのも良いでしょう。

トランスアルパインは、値段も容量も全然違うぶん、
至れり尽くせりの装備で、「さすがドイターだ」と思わせてくれますが、
レースXも、必要最小限の機能は押さえています。

上部・背面中央 ポケットもある

上部のポケットは使いやすいところにありますし、口も大きめ。

逆に、
背面中央にあるタテファスナーのポケットは、
開けるとモノが落ちそうな気にさせるし、
横ファスナーにした方が使いやすいとは思います。

が、

タテポケットだからこそカッコいいので、
デザイン重視の観点からヨシです。

ドイターまとめ

ドイターのリュックは、
他のスポーツメーカー品に比べて少し価格が高いかもしれませんが、
機能性に優れていますし、品質も良いと思っています。

ドイツ生まれのブランドストーリー&ヒストリーも良い。

私自身はとても満足できるモノと思っています。

リュックを買う時は、

求めている容量を決めて、
デザインを選ぶ。

メーカーが想定する用途は
あまり気にしなくても良いかな。

私はタウンユースメインでも、
いつもバイク用のリュックを選びますが、
大きな不満はありません。

逆に、
目的を持った商品の方が、格好いいと思っています。

sponsored link