シェアする

第一種衛生管理者の問題集を買わなくても、1カ月で合格する方法はありまぁ~す!

第一種衛生管理者に1ヶ月で合格する方法

スポンサーリンク

第一種衛生管理者とは

衛生管理者の仕事

衛生管理者の主な仕事は、
・作業環境の管理
・労働者の健康管理
・労働衛生教育の実施・
・健康保持増進措置などです。

従業員が安全に、そして健康的に働けるような環境を
提供できるようにするのが目的です。

基本的には、
労務や総務がやるような仕事と言えるでしょう。

常時50人以上の労働者がいる事業場は、
法律で衛生管理者を選任する義務があるので、
それ以上の規模の会社では、
衛生管理者資格の取得を要請される場合もあるはず。

中小企業では、経営者一族の一人が
資格を取得しているなんてところも多いです。

資格の紹介(第一種衛生管理者、第二種衛生管理者)

衛生管理者試験の受験資格

衛生管理者の試験を受けるには、受験資格が必要です。

おおまかな受験資格は以下になりますが、
詳しくは試験機関のHPでご確認ください。

・大学または高等専門学校(短大を含む)を卒業し、労働衛生の実務経験が1年以上ある。
・高等学校を卒業し、労働衛生の実務経験が3年以上ある。
・労働衛生の実務経験が10年以上ある。

受験資格(第一種衛生管理者・第二種衛生管理者)

受験申し込みの際に、
これらのことを証明する事業者証明書が必要なので、
会社から言われて受験するのではないなら、
事前に会社側の承認を貰った方が良いです。

せこい会社は衛生管理者の取得を渋るかもよ?

これは何とも情けない話ですが、
私が所属している会社では、
資格手当を目的として受験を目指す人も多く、
上司が、事業者証明書にハンコを押すのを渋ることがあります( ゚Д゚)

事業所の規模によって、必要衛生管理者の数は違いますが、
必要以上に抱えると、資格手当がかさんでしまうのが理由でしょう。

経営者側としては、法律にかからない最低人数が理想、
資格手当の削減も分かりますが、せこいっす!

まぁでも多くの会社は、
必要だから「衛生管理者資格を取得してくれないか?」
という感じではないでしょうか。

衛生管理者に合格するには、過去問!

衛生管理者の資格は、会社にとって必要不可欠な資格です。
ですので、試験はかなり頻繁に行われています。

東京・大阪だと毎週試験あります。
地方に行くと減りますけどね。

試験日程はこちらで確認できます。

日程(第一種衛生管理者・第二種衛生管理者)

つまり、
受かってもらうことを前提とした試験、と言えば言い過ぎかもしれませんが、
ある程度勉強すれば、合格できる資格です。

暗記できればイケるので、
文系の人の方が得意かもしれませんね。

ひたすら過去問をすれば、大丈夫です!

第一種衛生管理者合格のための勉強方法

私の経験から言うと、
ひたすら過去問を解いて、間違ったところを修正するだけで、
最短で1ヶ月あれば、充分合格圏内は狙えます。

具体的には、
スマホで無料アプリを取得して、
ちょっと空いている時間も使って、過去問をひたすら解く!

グーグルプレイや、Appで第一種衛生管理者でアプリを検索すると、
沢山出てきますので、
とりあえず良さそうなアプリをダウンロードしてみてください。

出題範囲は幅広いので、やはり問題を網羅するには
それなりの時間が必要ですが、

1ヶ月という目標をもって、
時間を有効に使えば、不可能な試験ではありません。
(あまりに忙しい人は除く)

アプリだけではなかなか頭に入りにくいという場合には、
冊子の過去問集のほうがよいかも。

多くの人が受ける試験ですので、
ブックオフなどの古本屋にもあることが多いですし、
メルカリやヤフオクで買えば少し安く上がります。

第一種衛生管理者に1ヶ月で安く合格する方法 まとめ

第一種衛生管理者の資格を取るには、
とにかく過去問を解いてください。

いかに過去問を間違いなく答えられるかが重要。

過去問制覇が、最短の方法です。

過去問を多く解くために、
スマホアプリを利用して時間をうまく使うこと。
それを、
1ヶ月だけの我慢と思って、
ひたすらやれば合格は近いです。

私自身は過去問集をメルカリで買って、
アプリと併用して成功しました!

ヤフオクを利用するなら、
ポイントを2重取りできるモッピーもチェックしてください。

モッピー!お金がたまるポイントサイト