シェアする

フロントガラス撥水剤って、種類一杯あるけど、「キイロビン超耐久コート」の耐久性は驚異的です!

sponsored link
スポンサーリンク

クルマのフロントガラスに、撥水コートしてますか?

最近は、日本でもゲリラ豪雨のように、
局所を集中的に雨が降ることもしばしば。

雨天時のクルマ運転の視界確保に最も重要なのは、
ワイパーですが、

フロントガラスに撥水剤を塗っておくのも
非常に視界確保の重要要素ではないでしょうか?

ここでは、ガラス撥水剤について語ってみようと思います。

少し前まで、ガラス撥水剤を選ぶときに、
こだわりもなく、ホームセンターや、自動車用品店に並べてある、

最も安いであろう、レインXやガラコ、ウォッシャー液タンクタイプ、
スプレータイプ など様々なモノを試してきました。

撥水剤を塗ったばかりの時の、
雨がツルツルッとフロントガラスを滑っていく様を見るだけでも
気持ちいいですしね!

ガラス撥水コート剤にも色々種類がある

基本的には、
ウォッシャータンクに入れておくタイプや、スプレータイプは、
効果も耐久性もイマイチで、続けて使おうと思えるものはありませんでした。

普通にガラスに塗り込みタイプのモノは、
塗ってから、2~3回までは効いてるんだけど、

思いのほか早く効果が無くなってしまって、
また塗らないとダメなのか・・・という事ばかりでした。

何か良いものはないものかと
Amazonを訪ねてみると、レビューの中に気になるワードが。

撥水コート剤の原料は おおまかに2種類ある

フッ素系とシリコン系
ガラスコーティング剤には、フッ素系とシリコン系の2種類があるというのを知りました。

性能の違いはおおまかに以下のようになるようです。

■フッ素系:耐久度が高い、施工に時間がかかる

■シリコン系:耐久度が低い、施工が簡単、撥水性がフッ素系よりも高い

私の場合は、
効果ができるだけ長く持続して欲しかったので、
フッ素系のほうが合っているようです。

Amazonのユーザー評価を参考にして選んだのは

キイロビン 超耐久コート

公式ページ
http://prostaff-jp.com/index/index/page/detail/id/A-10.htm

フッ素+ダブルシリコンって、
そんなのできるのなら、最初からやってくれ!と思う。

撥水効果は、240日!!を謳っています。
8ヶ月です!

流石に、8ヶ月は言い過ぎなんじゃないかと思いましたけど、
モノは試しに買ってみました。

キイロビン 超耐久コートを使った感想

耐久性 抜群

効果の耐久性に、嘘はなかった!!

まぁ、8ヶ月は言い過ぎだと思いますが、
6カ月以上は充分に効果が持続しましたし、非常に満足。

今まで、こんなに耐久性があった撥水コート剤は見たことありません。

撥水性 遜色なし

撥水性も、必要十分で、何の不満もありませんでした。

価格 割高

他の普通のタイプと比べると、少し高いのは確かですが、
Amazonで見てみると(¥822)と、前より安くなってました。
(時期によって価格は変わります)

フロントガラス撥水コート剤 まとめ

ワイパーが通らないところは、効果が切れ易いけれど、
ワイパーの通り道は、いつまでも撥水してくれる!
(理由はよく分かりませんが)

「キイロビン超撥水コート」
非常に満足度が高い買い物ができました。マジで長持ち。凄いです。

撥水性はほどほどでも、耐久性が良ければそれでよかったけど、
撥水もイケるので、大満足です。

もし、

普通の 撥水コート剤の耐久性に、
不満を感じたことがあるのなら、
絶対に、一度は試してもらいたい逸品です。

sponsored link
スポンサーリンク

シェアする

フォローする