耳鼻科の検診 in 倉敷中央病院 ≪ファロー四徴症の君へ≫

スポンサーリンク
先天性難聴(外耳閉鎖症)

2013.7.30

スポンサーリンク

耳鼻科の検診

先日、
倉敷中央病院で娘の耳鼻科の検診がありました。

軟口蓋裂と、
喉の奥の腫瘍除去の同時手術が終わってからは、

3ヶ月に1回
6ヶ月に1回、

そして今では
1年に1回のペースで
診てもらうようになっていました。

今回は、
1年ぶりの聴力検査をしてから
検診にという流れでした。

現在、
倉敷中央病院は絶賛
改装 and 増築 中で、

1年ぶり?に行くと、
かなりの変化があり更に綺麗になっていました。

聴力検査の結果

話がそれましたが、

聴力検査の結果は、

右耳:20デシベル聞こえている

左耳:聞こえていない

でした。

左耳は外耳閉鎖です。

以前の検査では、
振動(骨伝導)みたいな感じで若干聞こえてるかも?
という希望はあったのですが、

今回の検査では、

「聞こえていませんねぇ。」

とはっきり言われてしまいました。

嫁さんが、
左耳に小型補聴器を埋め込む
みたいな事は出来ないかと先生に質問しました。

しかし、

耳に辺りには、
大きな顔面神経が通っており、

へたに手術するなど切ったりすると、
顔面麻痺になる可能性も低くないので

お勧めはしない と先生はおっしゃっていました。

検査結果を見ての結論として、

「右耳は普通に聞こえているし、
日常生活にそんなには支障はないと思うので、
地元にかかりつけの耳鼻科を持って、
基本的にそこで診て貰うようにしてください。

ここ(倉敷中央病院)での
耳鼻科の診察は今日で終わりにします。」

ということになりました。

そうか・・。

またひとつ
終わった気がしました。

とりあえずは、
今までと変わらない暮らしをしていこう。

中耳炎には十分 気をつけながら
「右」を守っていかなければ。

これで、
耳に関しての今後の予定は、

形成外科による、
外耳再建手術になるでしょう。

それをするには、
娘の顔(耳)が、
大人と同じ位の大きさになるまで待たないといけません。
(手術を1回で終わらせたいため)

時期的な目安は、小学校高学年くらいの予定ではありますが、
いかんせん、基本 体が小さいからなぁ。

5歳でも3歳くらいの身長なのです。

心配は尽きませんが、
できるだけのことはしていくよ。

病院が終わると・・・

さて、
病院は午前中に終わって、
午後からは嫁さんの買い物タイムに突入です。

倉敷の
三井アウトレットパークとイオンモールに行くことが、

その日の予定として既に組み込んであったのでした。

嫁さんの、たまの平日休み、
そのくらいの息抜きあってもいいよね。

嫁さんの買い物タイムの間、

娘と私は、
三井アウトレットパーク倉敷と
イトーヨーカドー アリオの間の
公園で遊んでいるのでした。
(イオン倉敷には行けなかった)

結構、いい公園でした(*´∀`*)

コメント