シェアする

ことばの相談室 5回目 ≪ファロー四徴症の君へ≫

sponsored link
スポンサーリンク

「ことばの相談室」 5回目

先日
5回目の
「ことばの相談室」
に行ってきました。

幼稚園に、娘を早めに迎えに行って、

クルマで20分程、
違う地域の幼稚園の一室が、

「ことばの相談室」

の教室になっています。

行く途中 、

「今日も、がんばろうな。」

と言うと

「うん。」 と、

うなづく娘。

ちょっと練習がてら
舌を回してみようかと言うと、

リラックスしてるのか、
以前より上手になっていました。

到着すると、
前の順番の子が丁度終わって、
先生がすぐに迎えてくれました。

そのときです!

その幼稚園に通ってる子が

「あのおじさん、○○○園(療育通園してる施設)で見たことある!!」

と叫びました。

声がするほうを向くと、

確かに、
○○○園で、
同じグループの男の子でした。

そうか、

普段はここへ通ってたのね。

そこまで突っ込んだ話はしてないからなぁ。

私は その子に

「またね~。」

と言って、

私も有名になったものだな・・。
(そんなことはないw)
そんなことを思いながら教室に入りました。

上手くなってる!!

いつも、
迎えてくれる先生は やさしく笑顔。

挨拶をして、

まずは、
舌の運動から。

舌を上下左右、
ぐるんと回したり

サルのように唇と歯茎の間に入れたり。

前回よりも
確実に上手になっていました。

そして、
「サ行」の練習

「ち」は言えるので、
そこから変換して「し」を出す練習。

ち~ → し 「ち」を伸ばして、「し」が出ているのを、
本人に確認させる感じで。

舌を上に巻いて空気を抜きながら吐く
一連の舌の動きの練習です。

今回 娘は
少し コツを掴んだようでした。

そして、
先生に褒めてもらって
更に 真剣な眼差しになっていました。

「さ」行が できそう

真剣にがんばって練習している姿と、

「し」

が薄いながら
発音できている状況を見て、

私は「ウルッ」となっていました。

体は小さいけれど、
頑張り屋なところ、

かっこいいぞ!

そんな
ちょっと感動していたところに
先生が追い討ちをかけるのです。

先生
「すごい、○○(娘)ちゃん。
上手!かっこいい!」

「ねぇ、お父さんっ。」


「!!!」

そこでこっちに振らないで、

既に
ウルッてんだから。


「うん、上手にできてるよ、○○(娘)。」

と誤魔化しました。

先生も「サ行」に関しては手応えを感じた様子で

練習が終わった時
こう話してくれました。

「今度は「カ行」も練習していきましょう、
「サ行」は本人もちょっと掴んだような感じもするし、
家でも嫌がらない程度に練習してもいいかもしれませんね~。」

先生も嬉しそうでした。

「わかりました、ありがとうございます。」

と私。

この日
私は何気に、かなり感動していました。

娘が頑張る姿を見れただけでも
私の力と、やる気になります。

お父さん、
もっと頑張るよ!

ガンじゃなかったし。

先生は優しい

練習時間の最後は 、
ゲーム(カードゲームなど)をします。

先生2人と娘と私との4人ですることになっていて
娘もそれを楽しみに通っているようなものですから。

この日は、
「ココタキ」というカードゲームをしました。

先生とするゲームはいい。

うん、いいですね!

なぜなら・・
こういうゲームを我が家ですると、

息子(小3)や嫁さん(アラフォー)は、手加減を一切せず、
娘を負かしてしまうから。

負けると、娘がいじけて

「もうヤメる。」

というのが鉄板パターンです。

でも今日は違う。

やっぱ、先生いい。
負けてくれる。

そうして、
ゲームで勝った娘は
上機嫌で挨拶して帰るのでした。

帰り道、

この日は嫁さんの
誕生日でしたので、

「よし、お母さんも誕生日だし
○○(娘)も、よう頑張ったし、
ケーキ買いに行こうか?」

「うん。」

おしまい。

sponsored link
スポンサーリンク

シェアする

フォローする