「ことばの相談室」に通うことにしました ≪ファロー四徴症の君へ≫

スポンサーリンク
構音障害(発音障害)

2013.6

スポンサーリンク

構音障害

娘は、
来年の4月から小学校生になります。

現在の一番の心配事は、

言葉の発音 です。

発音が上手くできないことを、
構音障害というようです。

構音障害 - Wikipedia

簡単に説明すると、
「サ行」と、「カ行」を、全て「ア行」で発音しています。

小学校に上がるまでに
この発音を良くすることができるのだろうか?

発音が苦手な子の支援の場所として、
ことばの相談室があるということを、
(市の支援事業)

耳鼻科で
検査を受けたときに知ってはいたのですが、

大きくなって来れば、そのうち治るかもしれないなと、
なかなか 踏み出せずにいました。

ことばの相談室に行きます

しかし、
小学校に上がるまでに
あと一年を切っったこともあって、

「ことばの相談室」に電話をしてみました。

まず、
幼稚園に申込書を貰って、

それを幼稚園に提出したら、
「ことばの相談室」と、市役所の担当窓口に連絡がいって、

通所の許可が出れば、 通うことが出来ます。

少し
行動に移すのが遅かったので反省です。

その手続きが終わって、
初めて 「ことばの相談室」 に行ってきました。

最初ですので、
現在の娘の 発音の状態 を先生に見てもらうため、

娘への簡単な質問や、
舌の動き などを見てもらいました。

カ行・サ行の発音が、全て「ア行」になる

結果は、

娘が話す言葉は、

「カ行・サ行」が「ア行」に聞こえる。

ということです。

まぁ、
それは聞いたままなので
周りの私たちも解っていたので、

そうだろうなと。

既に、5歳になっているし、
話すこともある程度理解できるので、

次回からは、

「カ行」から練習をはじめることになりました。

どんな風に練習するのか興味があります。

ただ、
1ヶ月に1回のペースでしか通えないので、
(持ち時間が、1ヵ月に1時間と決まっています)

そのペースで大丈夫なのかどうなのか見極めて、

急がなければならないなら、
ほかに発音を良くするための方法や、施設もあるのか
調べる必要があるなと思っています。

今まで 家では、

無理に発音を治そうと、
何回も同じ発音を繰り返させて、

話をすること自体が嫌いにならないように
キツク練習させることは無かったのですが、

娘も、
かなり物事が理解できるようになってきているので、

娘に説明して、
練習させることも可能と思いますし、

家庭でも
その手法を調べて

ペースアップする必要があると考えています。

構音障害や発音について、
こちらのサイトが詳しく動画などで、練習の仕方も学ぶことが出来ます。
http://forum.nise.go.jp/kotoba/htdocs/

コメント