祝「ことばの相談室」卒室 ≪ファロー四徴症の君へ≫

スポンサーリンク
構音障害(発音障害)
スポンサーリンク

最後の「言葉の相談室」

先日 、
最後の「ことばの相談室」へ行ってきました。

「ことばの相談室」に
1人の児童が通えるのは、

1時間/月 という決まりになっていますので、

娘の場合は、1回30分にして貰って、

回数を重ねることで練習する機会を増やす
作戦で通っていました。

しかし、

最後の回は、
娘もよく練習して頑張ったし、

慣れていない人が、
娘のことばを聞いても ほぼ聞き取れるくらいまで
発音できるようになったこともあって、

1時間全部 みんなで遊んでしまおう
ということになっていました。

娘は、いつも遊ぶのを楽しみにしてたし、

先生はいつも優しく褒めてくれるし
ことばの相談室へ行くことを楽しみにしていました。

そして、

最後になるこの日も
楽しみにしていました。

さいころのゲームはやっちゃダメ

相談室には
たくさんゲームがあって、

いままで いろんなゲームをしてきましたが、

最も
やってはいけないのは、

サイコロを使ったゲームでした!

大人達の意思に反して 、

サイコロ(運)で、
ゲームの勝敗が決まってしまうので、

娘が 負けてしまうことがあるのです。

そうなると、
娘が勝つまで終われないので、

次の子が待ってる中、
もう一回戦といったことになりますからね。

今回は、そうなることを避けてか、
サイコロをすると負けることを知ってか、

娘が決めた、

動物の絵の柄をあわせる神経衰弱みたいなルールの
ゲームをしました。

そして気持ちよく娘を勝たせることができて
ゲームは一件落着です。
(大人の配慮ができるからねw)

「ことばの相談室」ふりかえり

振り返ってみると 、

相談室に通い始めたのは、
5月くらいでしたかね、

最初は、
進展のなさに 焦ったときもあったのですが、

先生方が、一生懸命教えてくれる姿と、
娘の頑張る姿をずっと見てきて

結果が出たこともあるんですけど、

やっぱり先生方に対して、感謝の気持ちで一杯ですし、
いい先生に出会えてよかったな、

そう思います。

「サ行」ができそうになった時、
「サ行」ができた時。

「カ行」ができそうになった時 、
「カ行」ができた時。

それぞれの場面で、

少しでも
できた事が嬉しくて、

感動して涙が出そうになったりしたことを
思い出します。

帰り際、

先生にもっと感謝の言葉を伝えたかったのですが、

もう泣いてしまいそうで、恥ずかしかったので
うやむやにして帰ってしまったのですけど、

いままで
本当にありがとうございました。

いつからこんなに
涙もろくなったんだろうなぁ。

娘の最後の言葉

駐車場でクルマに乗ると
娘はこういいました。


「もっと、早く「言葉の相談室」行っとけばよかったなぁ。」

 


「えっ!!? どして?」
(もしかして、サ行・カ行がもっと早くできるようになりたかったの?
それなら、私達親の対応が遅かったことを反省しなきゃだなぁ)

一瞬そんな思いが脳裏をよぎりました。

 

 


「もっと、いっぱい
 ゲームして 遊びたかったけぇ。」

「!!!!!」

「そうか、もっと遊びたかったんかぁ。」
(子供らしいなぁ)

練習も、よくがんばったよ、娘。

でも、
先生にも感謝しなきゃね。

おしまい

コメント