シェアする

みんな初めてのマツダスタジアム <家族の軌跡>

sponsored link

2013.6.6

スポンサーリンク

初めてのマツダスタジアム

5月11日
広島×中日戦

行ってきました。

息子がソフトボールを始めて、
野球というスポーツに興味を持った
この春。

まだまだ下手なのは当たり前ですが、
やるからには 少しでも上手になってもらいたいし、

新しい立派な球場でプロ野球を見て、
野球に対するモチベーションアップも
できたらいいなと。

ま、今回は、

たまたま連絡のあった、
学生時代の友人が 、

愛知県の岡崎市から
観光がてら、広島に来てて、
野球も観に来るとの連絡があり、

久しぶりに(8年ぶり?)会える機会だったので、
自分的にも行こうかな?行ってもいいかな?

と、嫁さんに対して、
少し息子を ダシとして付け足した感じにはなりますが

良い機会なので、
行ってみようと思ったのでした。

当日、嫁さんは仕事でしたので、
息子と娘を連れて、
3人で電車で行くことにしました。
(娘を連れていくのは大変だろうなぁ)

息子は電車オタクでもあるので、
電車で行きたがるのがデフォルト。

カープ列車


画像はこちらからお借りしました
http://photozou.jp/photo/show/2080397/176565050

(カープ列車に乗って行ったわけではありません。)
※山陽本線を 毎年、ラッピングを変えて、カープ列車が走ります。

時刻表も見れるようになったので、
計画を立ててもらいました。

一緒に娘を連れて行くのは若干不安ではありましたが、
一人だけ置いて行くのは可哀そうだし、

やっぱり行きたがるので
がんばって連れて行くことにしました。

電車での移動時間が長い

在来線で広島駅に向かうこと
2時間弱・・。

新幹線で行くのも勿体ない気がするし、
仕方ありません。

電車が広島駅に近づき、
スタジアムが見えてくると、

カープのユニフォームを着た人々が
歩いて球場へ向かっているのが見えてきました。

いやがおうにも
気持ちが盛り上がります。

駅から出ると、

息子は、
もう待ちきれなくなって

「早く行こう、早くいこう!」

と、口うるさくなりました。

私も
初めてのマツダスタジアム
自分も結構 ワクワクしています。

球場に入ると、

「みんな野球が好きだ~。」

という雰囲気を出しながら、レプリカユニフォームを着て歩いているので、
私たちもなんだか盛り上がってきます。

まずは、

応援用のバットみたいなやつを
息子と娘の2セットと、

ジェット風船を買いまして
席へ向かいます。

チケットは外野の指定席でしたので
実際に行くと、

野球を見るにはちょっと遠い感じ。

早くも息子からは苦情が出ていましたが、
確かに遠い。

今度行く時には、要検討ポイントです。

そんな私達とは裏腹に、

愛知県岡崎市から来た中日ファンの友人は、

3塁側 砂かぶり席!

こ、これが、
独身と既婚者の違いか・・。

と思いつつ
まぁ、今日のところは 我慢我慢。

試合自体は、
バリントンが点取られて、
なんとなくズルズルと
カープが負けてしまった
感じではありました。

でも いいんです。

子供たちが、
球場の雰囲気を感じて、
楽しんでくれたのなら。

自分的には、
プロ野球の一日の結果に、そこまで興味はないですし。

どちらかというと、

できれば、
子供たちが大きくなっても、

お父さんと
電車で野球を見に行ったことを
覚えていてくれたらいいな・・。

という気持ちが一番でしたので。

その目的は達成できたかな?

私自身も、 小学生の時に、

広島市民球場に野球を観に連れて行ってもらったこと、

その試合はナイターで、
帰りがすごく遅くなり

私がクルマで眠っているうちに家に着いていて、
そのまま担いで布団まで連れて行ってもらったこと。
気が付いたら朝だったみたいな。

そのことを
よく覚えています。

そんな感じになればいいなと。

家に帰って、
息子にどうだった?と聞くと、

「面白かった、また行きたい。」

と、
至って普通の返答でしたが、

野球好きは、確実に進行していました。

娘にも聞いてみると、

「風船をピューっと飛ばすのが一番面白かった。」(7回裏の攻撃開始前)
「青い怪獣(スライリー)が、鼻毛出すのが面白かった。」と。

鼻毛?を出すスライリー

画像はこちらからお借りしました
http://kyoukaran.com/suraili/

そうか、
そうだよね。

二人とも
雰囲気は楽しんでくれたのでしょう。

自分も、
初めてのマツダスタジアムの
お祭りな雰囲気、

旧友に会えたこと、
子供たちと過ごした時間

楽しかったです。

帰りの電車は娘が寝たりしてキツかったけど( ゚Д゚)

そ れ よ り も 、

私たちが家に帰ってみると、

嫁さんの機嫌が 悪かった・・・。

自分だけ行けなかったから・・だよね?

そんな微妙な雰囲気のなか、

「アープ、アープ、アープ、ひろしま、
 ひろしまアーープーー!!」

(アープ=カープ ※カ・サ行の発音が悪いため)

娘の歌声が、
リビングに響いていました。

今度は 家族全員で行こう・・・。

sponsored link
スポンサーリンク

シェアする

フォローする