シェアする

難聴検査(ABR)の結果を聞きました ≪ファロー四徴症の君へ≫

sponsored link

2008.10.22

スポンサーリンク

ABR聴覚検査の結果を聞きに行きました

10月20日は、
先日検査してもらったABR難聴検査の結果を聞くために、

また 倉敷中央病院へ
行ってきました。

先日行った検査が2回目でしたが、

初めてのABR聴覚検査の結果は、
ブログにアップしようと思いつつ
気力が潰えて詳しくは書いていなかったと思います。

最初のABR聴覚検査の結果は

前回の結果はというと、

右耳は50㏈・左は80㏈は聞こえているのではないか?
(まだ年齢が小さすぎてはっきりと判断できない)
ということでした。

その後、

尾道の病院に入院している時の先生は、

「右耳は良い形ができているから、結構聞こえるのでは?」

と言ってくれたので、
今回の検査では少し期待している自分がいました。

通常の生活では、
やや聞こえにくいのかな?と思う時はあるものの、

ある程度
音に反応するような素振りを見せるので
どうなのかな?と思いながら

診察室に呼ばれるのを待つのでした。

予約時間の約1時間遅れでようやく順番がきました。
やっぱり朝一の予約じゃないと、
どんどん診察がずれ込んで、

遅くなればなるほど 更に遅れが重なって、
1時間待ち程度は当たり前です。

これは何とかしてもらいたいものです。

果たして、ABR聴覚検査の結果は

担当の先生は言葉少なで、
結果を教えてくれました。

「前回と、あまりか変わってないですねー。」と。

つまり、
右耳は50㏈の音に反応、左耳は80㏈に反応してるということかな?

その後、

「うーん、どうしよかな。」

えーっ!どうしよかな?

なんですかそれ!?

と思っていると、

50㏈というのは、

「丁度補聴器を付けるのか付けないのかの境い目で、
聞こえにくいようなら言葉の発達が遅れますよ。」

とのことでした。

先生に、
これより良くなることは考えられませんか?と聞くと、

「現在中耳炎だから少し聞こえにくいのかもしれないけど」と、

本当に微妙な表情をしていたので、
それ以上は聞きませんでした。

中耳炎にもなっていたのか!?

正直言って、
もっと良い結果を期待していただけに、

ダメージを受けました。

微妙なとこならもう少し様子を見るべく、

しばらくは、
補聴器を付けない方向を
選択をしたのでありました。

最初は、
全然聞こえないのかと思っていたことから考えると、
喜ぶべきことなのかもしれませんが、

補聴器って聞くとへこむなぁ。

とりあえずは、

大事な右耳を守っていくしかないので、
中耳炎を早く治して再発しないようにしなければ です。

これからどうするか

今はまだ
しゃべったりする時期ではないので
そこまで気になることはありませんが、

大きくなるにつれていろんなことを
考えなければならないんだろうなぁ、

娘 も わたし達 親も。

左耳は形が耳たぶしかないので、
目が悪くなっても普通には メガネがかけれないなぁ

と、メガネをかけている私はとふと思いました。

そんなところでも、
いろいろな弊害があるのだなぁと
改めて思うのでした。

右耳は、
若干弱いながらも

聞こえているのは確実なようなので
大切に守っていかなければなりません。

sponsored link
スポンサーリンク

シェアする

フォローする