シェアする

退院後初の血液検査の結果は・・ ≪ファロー四徴症の君へ≫

2009.5.14

スポンサーリンク

血液検査に向かいます

4月30日

年度が替わって、
不況の影響もあるのか、仕事も暇になってきました。

割と簡単に休みが取れ、
嫁さんと一緒に岡山大学病院へ娘の血液検査に向かうのでした。

娘が退院して、家に帰ってから、
体調も だんだん良くなってきた実感があったので、

さほど 心配もしていませんでした。

病院に着いて
まずはレントゲン。

これはすぐに終わりました。

それから、血液採取。

娘は隔離され看護師さんに連れて行かれ、
病室の奥から泣き声が聞こえてきました。

羽交い絞めにされて、
注射の針を刺されているんだろうな、

痛々しい声になんともいえない気持ちになりました。

入院病棟へ挨拶

後は、
検査結果待ちでしたので、

お世話になっていた 入院病棟へ。

お土産や、
退院時にみんなで撮った写真などを持って向かうのでした。

嫁さんは、
看護師さんや、入院仲間の皆さんと、
楽しそうに話をしながら、

血液検査の結果が出るまでの時間を潰していました。

血液検査の結果は

長い待ち時間の後、
検査の結果を聞く時間がやってきました。

結論から言うと
順調でした。

まだ、CRP値は高いけれども、
前回よりも下がっているので様子見とのこと。

「心不全」が出ているけれども、
これも だんだんなくなってくるだろうとの
見解を示してくれました。

順調だということですので、
ほっと一安心です。

心不全という言葉には少し引っかかりますが・・。

そして
次回の血液検査の日を決めて、
帰るのでした。

こうして、
病院での長い一日が終わりました。

岡山大学病院は、特に待ち時間が長いのです。
(たまたまかもしれませんが、倉敷中央病院よりよっぽど長い)

今回の検査では 、
特に問題がなかったので、

帰りのクルマでは、
ゴールデンウィークの過ごし方を

熱心に考える嫁さんの姿がありました。

何をするつもりなの!?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする