シェアする

漫画「天地を喰らう」レビュー&感想 昭和の三国志ファンタジーのトンデモ展開に喰らいついていけるかい!?

漫画「天地を喰らう」/作者:本宮ひろ志 レビュー&感想

スポンサーリンク

漫画「天地を喰らう」評価

個人的満足度: 65%

作品的星評価 :★★★☆☆ 3/5

個人的満足度:
鑑賞して良かった、面白かった、好きなタイプのマンガかを、個人的主観で満足度評価しています。

作品的星評価:
絵・ストーリー展開・物語設定など、作品の全体像を、できるだけ客観的に見た評価です。

※感想は鑑賞時の 年代・時期(季節)・心理状態・境遇・趣味によって変化します。
 あくまでも、鑑賞時点の感想ですので、再読時は評価が違う可能性があります。

漫画「天地を喰らう」 レビュー(あらすじ)

乱世の漢朝末、ワラジ売りの「劉備玄徳」は諸国を旅する少年「諸葛孔明」と出会う。肝と知恵。二人は望みをかなえる為、天に昇り竜王の娘たちと交わろうとするが・・・。

Amazonより

漫画「天地を喰らう」 作品データ

作者   :本宮ひろ志
掲載誌  :週刊少年ジャンプ
コミックス:全7巻 完結 文庫版:全4巻
掲載期間 :1983~1984

漫画「天地を喰らう」

ゲーム版「天地を喰らう」

ゲームの方が流行ったかも

漫画「天地を喰らう」 感想

三国志が舞台のファンタジー

「三国志」のマンガと言えば、
横山光輝氏の作品のイメージが強いですが、
本宮ひろ志氏も「天地を喰らう」で描いています。

が、ファンタジー色が強く、
天界から力を授かる冒頭から、
「あれ?」となりました。

中途半端に終わる

三国志の物語としては、本当の序盤で
急転直下終了してしまうのは残念。

漫画「天地を喰らう」 感想 まとめ

古い作品ですが、
本宮ひろ志作品の魅力の要素である、
男気と、エロが、少ないですね。

それ以上に、
ファンタジー多めの「三国志」に
かなりの違和感を感じてしまった時点で負けました。

個人的には面白くないと思いますが、
本宮ひろ志の作品を読破したい、
ファンタジックな三国志もいいかもね、と思う人は、
読んでみてください。

昭和の少年マンガのトンデモ展開を体験します!

「天地を喰らう」を読んでみる

電子貸本Renta!で「天地を喰らう」の無料サンプルを読んでみる!
電子書籍最大級のeBookjapanで「天地を喰らう」を試し読みしてみる!
漫画を買うなら漫画全巻ドットコム!「天地を喰らう」は、文庫版全4巻セットで1,050円!
メルカリ (フリーマーケット)で「天地を喰らう」を探してみる

同作者:本宮ひろ志 さんのおすすめ作品

おすすめ完結漫画を厳選してご紹介!(大人・おじさんでも面白いマンガ)
マンガを無料 or 安く読むための3つの方法(無料編)
マンガを安く読むための3つの方法(有料編)