シェアする

心臓疾患のある胎児を持つということ

スポンサーリンク

ファロー四徴症の君へ

2週間前、

おなかの中の、赤ちゃんの心臓にちょっと気になるところがあるので、
今度の検診のとき診ればもう少し詳しく判るでしょうと、

行きつけの産婦人科の先生に言われていました。

2週間の間、

気になるような、
気にしたくないような、

どちらともいえない気がずっとしていました。

まだどういった状況なのか
はっきりとは分かっていなかったので、

希望を持っていました。

なにかの見間違いだろうと・・。

おなかの赤ちゃんの診察の結果は・・

そして、2週間後の

一昨日、
産婦人科に行き 結果を聞きました。

先生曰く、

「やはり、心臓がちょっと悪いようです。」とのこと。

紹介状を書くから、設備の良い大きな病院へ行って、
詳しく診てもらい、そちらの小児科の先生とも相談して、

今後、
どうすべきなのかを聞いてもらいたいとのこと。

「心臓か・・。」

具体的には、

肺へつながる動脈が(肺動脈)が細く、
肺へうまく血液を送れない恐れがある とのこと。

体内にいるときはまだ大丈夫(へその緒から酸素を供給してもらっているから)だけれど、

産まれてからが問題であると・・。

とにかく、

「紹介状を書くから、

その病院の良い機械を使って診てもらうことと、
小児科の先生と、産まれてからどうするのかを相談してください。」 ということでした。

産婦人科の先生は、
明言はしなかったけれど、

結構 深刻な状況であることが、
雰囲気から理解できました。