多汗症とはどんな病気で、どんな症状なの? & 私の多汗症タイプと症状

スポンサーリンク
てのひら☆きらり-手掌多汗症・ワキガの悩み-
スポンサーリンク

多汗症とはどんな病気でどんな症状なの?

大きな意味での多汗症(たかんしょう)とは、
体温の調節に必要な通常の範囲を超えて、
発汗が異常に増加することを指す症状です。

手、足、腋の下、顔などに、
日常生活に支障を来たす程の発汗過剰を認める疾患である。

Wikipediaより

つまり、
体温調節以外の発汗が多いことが、
多汗症の定義となります。

多汗症の分類

多汗症を大きく分けると、
全身から発汗する全身性多汗症と、
掌などの局所のみ発汗が多い局所性多汗症に分けられます。

更に、
その症状が先天的なものなのか、
後天的なものかにも分類されます。

全身性多汗症

全身性多汗症とは、全身的に発生する発汗

• 原発性多汗症
原発性多汗症とは、先天的(生まれつき)に持っている症状
• 続発性多汗症
続発性多汗症とは、後発的に発生する症状です。
主に、甲状腺または下垂体の疾患、真性糖尿病、
腫瘍、痛風、更年期、特定の薬物、もしくは水銀中毒などが
原因となって発生すると考えられています。

局所性多汗症

局所性多汗症とは、主に汗腺が集中する
掌・足の裏・腋の下から発汗する

• 原発性多汗症
原発性多汗症とは、先天的(生まれつき)に持っている症状
• 続発性多汗症
続発性多汗症とは、後発的に発生する症状です。
主に、甲状腺または下垂体の疾患、真性糖尿病、
腫瘍、痛風、更年期、特定の薬物、もしくは水銀中毒などが
原因となって発生すると考えられています。

個人的には、
他の病気等で続発性多汗症になっても、
局所性多汗症にはならないのではないかと思います。

この他、

掌蹠多汗症・味覚性多汗症(辛いものや酸っぱいものを食べると発汗)・全身多汗症
分けられる場合があります。

私の多汗症のタイプ

私自身の多汗症タイプを堅苦しく分類すると、

・原発性多汗症(先天的)
・局所多汗症の中の手掌多汗症・足蹠多汗症・腋窩多汗症
・味覚性多汗症

ということになります。

言葉や漢字の読みが難しいので、
簡単に言えば、

生まれつき、手のひら、足のうら、わきの下に
迷惑なくらい勝手に汗が出てきてしまうし、
(常時発汗している訳ではないけれど、コントロールは出来ません)
辛いものを食べると、頭・顔を筆頭に全身から
汗が噴き出る 

私の多汗症の症状は上記のようになります。