シェアする

妖怪の仕業?妖怪ウォッチ流行り過ぎ ≪家族の軌跡≫

sponsored link
スポンサーリンク

妖怪ウォッチ流行ってますか?

小学生(幼稚園)のお子さんをお持ちの方ならお分かりでしょうが、

彼らの間では、
今  なんでもかんでも「妖怪ウォッチ」なのです。

おやつ
菓子パン
おもちゃ
文房具
ゲーム

全てが妖怪ウォッチに支配されています。

息子はこの前まで
プロ野球チップスのカードを熱心に集めていましたが、

今では、
「妖怪ウォッチウキウキペディア」というゲームセンターにある
カードゲームから出てくるカードと、

「妖怪メダル」を集めることに替わってしまいました。

そして、

ゲームのやり方もおぼつかない娘(妹)に
そのゲームをやらせて、
カードを巻きあげるという作戦を実行しています。

娘にとってはいい迷惑なのでしょうが、

そんな風景を見てても
子供らしくて面白いし、
昔は自分もそんな風だったなぁと思い出したりもします。

まぁ、
最後はいつも 息子 と 娘 が喧嘩して、

私が 怒って 終わる というパターンで
疲れるといえば
疲れるんですけど。

妖怪ウォッチを子供たちが見て
面白いのは解るんですけど、

私が見ても 結構面白いと思うんですよね。

妖怪のネーミングなんて言葉遊びが仕掛けてありますし
なるほど と思うこともしばしば。

テレビを見てると

「世の中で起こる、
不可思議な出来事は全て妖怪の仕業かもしれません。」

みたいな感じのセリフが出てきます。

これはいつも子供たちは聞いているハズなので、
私はこう言いました。

「妖怪ウォッチがこれだけ流行っているのも、
妖怪の仕業かもしれんなぁ?」 と。

すると、


「・・・・・」

無視
(娘はまだ意味がよく解らないようです)

息子
「違うじゃろ!」

冷静に突っ込まれてしまった!

そこは、
「そうかもしれんなぁ~」とか言ってくれ、

まだ10歳なんだから・・・。

でも、
もしかしたら

「違うじゃろ」と

言わせたのも妖怪の仕業かもしれない・・

sponsored link
スポンサーリンク

シェアする

フォローする