シェアする

クレジットカード販売手数料の仕組みを知って、得したことを実感しよう

クレジットカード使ってますか?

皆さんは普段の買い物でクレジットカードを利用してますでしょうか?
普段の生活、実店舗では、現金を払い、

ネットショッピングする時だけ、
便利だからクレジットカード払いを使う……って方が多いのかもしれません。
ですが、ちょっと待ってください!

何故、
実店舗では現金、
ネットではカード という使い分けをするのでしょうか?

確かに、実店舗では、店ごとのポイント制度があって、
現金払い、もしくは、プリペイドカード的な電子マネーを使うと、
より多くポイントを付与します という場合も多いです。

その店を沢山利用するなら、そちらの方がお得な場合が多いので、
その店の制度を利用するのも良いでしょう。

しかし、

年に数回しか利用しないようなお店で、
ポイントカード貰って、中途半端にポイント貯めた挙句、
ポイント期限が切れてしまった・・・

というのもままある出来事。

いっそのこと、
できるだけクレジットカードを使うことで、

獲得ポイントを集約することこそ、
最も効率がよいのではないでしょうか?

クレジットカードの仕組み・業種による販売手数料

クレジットカードの仕組みについて

販売店はクレジットカードを作っているクレジットカード会社に対し、
クレジットカード利用の度に販売店手数料を支払わなくてはいけません。

業種による、販売店手数料

家電量販店・コンビニ  1~1.5%
デパート         2~3%
一般の小売店       3~5%
バー・クラブ・飲食店  4~7%
風俗店         7~10%

クレジットカードが利用される度に、
その商品の金額の数%を、販売店が支払います。

例えば、
デパートで、10,000円のモノを買って、クレジットカード払いした場合、
200~300円の手数料を、デパートがカード会社に支払わなければなりません。

カードを使っても、
消費者は手数料を負担していないですよね?

販売手数料はお店側が負担してくれています。

お店側としては、
現金で支払いの方が儲かるのだけど、

カード利用者のために、負担しているのです。

ですので、この手数料の負担がある分、

激安ディスカウントショップでは、
クレジットカード払いができないところも多いですね。

※飲食店・風俗店など、
手数料の高い業種でカードを使う場合は、
消費者側が負担する場合もあります。

ポイントを獲得できる分、絶対お得!

コンビニやデパート、一般的の小売店など、

クレジットカードを使う事が出来る場所では、
必ずクレジットカードを使った方がお得です。

なぜなら、
クレジットカードは、使う度に 必ずポイントを獲得出来るからです。

これはクレジットカード会社が、
利益の一部を還元しているようなものですね。

概ね、購入金額の1%前後の価値のポイントを得る事が出来るため、
クレジットカードは使うに越した事はありません。

数百円の買い物でも、
恥ずかしがらずにカード払いした方がお得です。

私はカードが使えるお店では、
現金は使いません。

現金を使う事がほぼ無いので、
現金をATMで下ろす事も少ないし、

スマホケースに、

クレジットカード
免許証
銀行のカード
お札を3つ折りにして必要な分だけ

持ち物は、スマホケースだけというスタイルにしています。

財布を持って歩かないスタイルは、
楽過ぎてもうやめられないと思います。

※スマホを落としたら大変なことになりますけどね( ゚Д゚)

クレジットカードのデメリットは?

クレジットカード手数料を負担するのは基本的に販売者側です。
消費者側から見て、
クレジットカードの金銭的なデメリットはほぼありません。

預金口座から後々引き落とされるため、
資金管理さえ気を付けていれば大きな問題は無いでしょう。

大きなデメリットは、セキュリティ面になるでしょう。

カードと言うとスキミングなどの不正利用が懸念される事もあります。
紛失すると、不正利用のされる可能性もあるので、
早急にカード凍結してもらうなりの措置は必要でしょう。

しかし、
クレジットカード会社は万が一の時の不正利用に対する補償もしてくれます。

ただし、
消費者側の過失の割合が大きい場合などは補償されないケースもあります。
※カード会社によります

補償・保険関係は、
ゴールドカード・プラチナカードなど会費が必要な上位カードの方が優遇されてますね。

クレジットカード まとめ

基本的に消費者側の利用手数料が無い場合は、
少額でもカードを使うべきです。

ちなみに、
私は 家族で使うカードは「楽天カード」

私自身の個人のカードは、「ヤフージャパンカード」の2本立てです。
楽天カードはポイント還元率も高めで、

楽天Edyとして電子マネーでポイントを使えるのが便利ですね。
(Edy一体型カードになっています)

カードを作るなら、ポイントサイトを経由してください

カードを作る場合は、ポイントサイト経由で作るのを忘れないようにしましょう。
クレジットカード発行は、
年会費無料のカードでも数千円のキャッシュバックあるのが普通ですから。

おススメポイントサイトは、モッピーハピタスです。

おススメカードは、私も使っている 楽天カード
【YJカード】

どちらも年会費無料!

楽天スーパーポイント、Edy、楽天ポイントを貯めるなら、当然楽天カード
T-ポイントを貯めるなら、YJカード(Yahoo!JAPANカード) 不満はありません。

↓ ヤフージャパンカード公式サイト ↓



↓ 楽天カード公式サイト ↓