シェアする

ステップワゴン(RK型)エンジンのカリカリ音が大きくなってきた時の対処方法

スポンサーリンク

ステップワゴンRK エンジンのカリカリ音が大きくなってきた

ステップワゴン(RK型)を中古で買って、
約1年が経ちました。

当初は、自動車屋さんのミスで
セカンドシートのタイプが、私の欲しかった「折り畳み式」ではなく、
「スライド式」が納車されて、
愕然としたこともありましたが、

スライド式は、
最も使用頻度の高いセカンドシートの足元を
広くとることが出来るので結果的には、意外と満足しています。

沢山荷物を積もうと思えば
折り畳み式の方が有利と思いますが、
頻度は少ないので、
スライド式で 良かったのかなと納得しています( ;´Д`)

ホンダステップワゴン(RK型)の2列目シートは2タイプあるのを知っていたのに間違えて購入( ;∀;) これからRK型ステップワゴンの中古車を買う人への注意喚起のための記事

エンジンルームからのカリカリ音(ノッキング音)が酷くなってきた

シートの件は、それでいいのですが、

最近 特に気になるのは、
エンジンのノッキング音のような(カリカリ音)が、
日に日に大きくなってきていること。

経験的に、ノッキング音と判断していましたが、
運転状況的には通常のノッキングが発生しやすい
急加速や、坂道などでの高負荷ではない時でも
音が発生しているのが不可解ですし、

クルマの調子が悪くなってくると、
愛着が薄くなってしまう・・・( ;´Д`)

ステップワゴン(RK型)の不具合事象のチェック

とりあえず、
同じような症状で困っているステップワゴンユーザーの情報を探してみます。

ネットでステップワゴン(RK型)に多い不具合を検索すると、
何件か出ていました。

• エンジンオイル消費量が多い
• エンストする
• 車体が振動する

が主なステップワゴン(RK型)に発生する不具合のようです。

私の場合は、
エンジンからのカリカリ音のみが気になるので、
エンジンオイル量の確認をしてみます。

ステップワゴン(RK型)のエンジンオイル量点検方法

真ん中のオレンジ色がオイルゲージ、真っすぐ引き抜きます

オイルゲージを抜いてみると、
オイルがレベルゲージに到達していない!?

ゲージの先っちょに、
少しオイルが付いているのみでした( ゚Д゚)

赤丸で囲んだ網掛け部分にオイル跡があれば良し!

適正オイル量は、
ゲージの網目模様の範囲内にオイルがあることですが、
かなり減っているようです。

まぁ、クルマを購入してから一年間
オイル管理をしていなかったのが悪いのですが、
インパネのオイルランプがチラッと点灯することもなく
ここまで減っていることに驚き。

早速、
オイル交換をしにカーショップに行って、
抜いてもらうと、
1ℓほどしか抜けなかったとのこと。
(本来は3.5ℓ程度必要のところ、1ℓしか残っていなかった)

もう、オイル交換というよりも、
ほぼ、補充です!

オイルが増えたら、
エンジンのカリカリ音が修まるか?

オイル交換の効果があったのか?

効果は、
ありました!!

明らかにカリカリ音(ノッキングに似た音)は減りました。
減ったというか、無くなりました。

ステップワゴン(RK型)エンジンカリカリ音の原因

カリカリ音は、
やはりオイルの減少が原因と言い切って良いでしょう。

オイルが減って、充分な潤滑ができなくなり、
エンジン内でメカニカルノイズが発生していると考えるのが自然です。

エンジンオイルが減る原因は、

ピストンリングにオイルが溜まりやすく、
溜まったオイルが高温で蒸発するためのようです。

この件は、
メーカーのホンダがリコールを発表していますので
ご確認ください。

ピストンリングのリコール情報は 
    ↓ こちら ↓

旧型ステップワゴンなど5車種のピストン、ピストンリングの保証期間延長 | Honda
Hondaご愛用の皆様には大変ご迷惑とご心配をお掛けいたしておりますことを心からお詫び申し上げます。

オイルの減少が原因ということが分かった後 考えると、

そう言えば、
エンジンからのカリカリ音は、
コーナー(カーブ)を曲がっている最中に起こり易かったなぁと、
(エンジンに負荷をかけていない時でも)

だんだん
それが進行している感じがあったので、
オイルが減るにつれて酷くなっていったのだなぁと思います。

カーブでは、オイルが遠心力(G)で偏って、
通常より潤滑しにくくなっていたのでしょう。

走行を重ねるごとに徐々にオイルが減少

カリカリ音の発生も進行する(カーブでは特に)

と考えられます。

オイルチェックランプが点灯しないからといって、
オイル量を確認せず、そのままずっと走行していると、
潤滑不足になって、エンジン内部の金属接触・回転部が焼き付く可能性も
充分考えられるので、
非常に危険な状態でした。

ですので、
普通にステップワゴン(RK型)の新車をホンダディーラーで買って
クルマの面倒を定期的に診て貰っているなら
心配はないかもしれませんが、

中古で購入して、それほどメンテに気を使っていない方、
まだ、リコールの対策を受けていない方は、
早めにホンダディーラーで確認してもらった方がよいと思います。

逆に、マメにオイル交換をしている方は、
交換する毎にオイルが増えるので、

オイルが減っていること自体に
気が付くことが無いのかも知れません。

ステップワゴン(RK型)エンジンから
カリカリ音が大きくなってきた時の対処方法 まとめ

とりあえず、
ステップワゴン(RK型)に乗っていて、
エンジンからカリカリ音がしているなら、

オイルゲージ確認 → 少なければ補充
→ ディーラーへ持って行く

早めに対応する方が良いです、
エンジン内部のメタルがヤラレルとオオゴトです!

ステップワゴンRK型は、
まだ街にたくさん走っていますので、

同じ症状のある方の 参考になれば幸いです。

DIYで上抜きオイル交換するのもよいかも

今まで、
自分の家で、オイル上抜き(レベルゲージに穴から)オイル交換する発想がなかったんですが、
便利そうな商品が出てるので今度、購入して使ってみます。
1,000円くらいからありますね。

JAF会員の本当のメリットって、ロードサービスじゃなくでこれじゃない!?ロードサービスも有難いけど!

PR:何かあった時のためにJAFに入ろう!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする