シェアする

バッテリーあがりの対処法(ブースターケーブル編)

sponsored link
スポンサーリンク

バッテリーは、冬に弱い!

  
  
朝 クルマのエンジンがかからない!

こんな経験はありませんか?

私は、ありました( ;∀;)

先日、朝仕事に向かうため
クルマのエンジンをかけようとキーをひねると、

カン・カン・カンと、
フライホイールを回そうとしているセルモーターの音も虚しく、

エンジンは始動しませんでした。

何度か挑戦するも、
最後には、インパネ(インストゥルメントパネル・メーターのところ)だけが、

カタ・カタ・カタ・カタ 音を出しながら、
点滅するだけになってしまいました。

バッテリーがあがってしまったようです。( ;∀;)
  
  

バッテリーがあがったらどうすればいいか?

  
  
対処法は3つしかありません。

①ブースターケーブルを使ってエンジンをかける
 

②バッテリーを交換する
 

③押しがけする(現実的ではない)
 

この時は、通勤前で時間もないので、
ブースターケーブルを使うしかありません。
  
  

ブースターケーブルとは

  
  

boostercable

簡単に言うと、バッテリーとバッテリーを繋ぐための電線です。
電線の両端にバッテリーの端子を挟むためのクリップが付いてます。

 
 
幸い、
嫁さんのクルマがまだあったので、補給してもらうことにします。
 
 

ブースターケーブルの使い方は至って簡単

 
 

2台のクルマのボンネットを開けて、
バッテリーとバッテリーをケーブルでつなぐだけ。

数字の順番通りつなぎましょう!

数字の順番通りつなぎましょう!

それでも、
電気なので、最初はちょっとビビりますね( ゚Д゚)

ちょっと怖いって方は、
youtubeで使用方法を見ながらやってみるのも良いですね。

JAFが教えるバッテリーのつなぎ方


  

エンジンをかける時のポイントは、

電気供給側のクルマのエンジンをかけておくコト!

これが重要です、
貰う側のエンジンのかかりが悪いようならアクセルを吹かす(供給側)のも有効です。 

ともあれその前に、
ブースターケーブルを買っておく必要がありますね。

持ってさえいれば、

イザというときに困りませんし、
意外と使用頻度あると思います。

以前、こんなことがありました。

公園に子供を連れて遊びに行ってたら、
同じように遊びに来ていたお母さんのクルマのバッテリーがあがって、
エンジンがかからない様子だったので、

私は、クルマからブースターケーブルを取り出して、
颯爽とエンジンをかけてあげたら、

お礼に、ジュースをおごって貰いました( *´艸`)

あなたにも、あるかもしれませんよ!

何はなくとも
クルマにはブースターケーブルを載せておきましょう!

ホームセンターで普通に打ってます。
できれば長いもののほうが、クルマ同士の配置が難しい時でも自由度が高くなるので良いです。  

sponsored link
スポンサーリンク

シェアする

フォローする