シェアする

漫画「加治隆介の議」レビュー&感想 政治家の「表と裏・理想と現実」を描いたこの作品は、有権者の私たち庶民が理想政治に近づける行動ができるかを問うている!

漫画「加治隆介の議」/作者:弘兼憲史 レビュー&感想

スポンサーリンク

漫画「加治隆介の議」評価

個人的満足度:86%

作品的星評価 :★★★★☆ 4/5

個人的満足度:
鑑賞して良かった、面白かった、好きなタイプのマンガかを、個人的主観で満足度評価しています。

作品的星評価:
絵・ストーリー展開・物語設定など、作品の全体像を、できるだけ客観的に見た評価です。

※感想は鑑賞時の 年代・時期(季節)・心理状態・境遇・趣味によって変化します。
 あくまでも、鑑賞時点の感想ですので、再読時は評価が違う可能性があります。

漫画「加治隆介の議」 レビュー(あらすじ)

政治不信の今、
若き政治家・加治隆介登場!永田町上空に暗雲たちこめ、
国会議事堂がまるで伏魔殿にみえる今、

真摯な政治家・加治隆介が登場する。

Amazonより

漫画「加治隆介の議」 作品データ

作者   :弘兼憲史
掲載誌  :
コミックス:全20巻 完結 文庫版:全10巻
掲載期間 :1991~

漫画「加治隆介の議」

文庫版「加治隆介の議」

漫画「加治隆介の議」 感想

政治家の理想と現実が垣間見れる

加治隆介という、
国会議員2世ながら一般企業でサラリーマンをしていた主人公が、
従来の政治概念にとらわれず、
理想を掲げて政治・政治家の在り方を問う作品です。

現在(2018)からみると、
政治背景が相当古いので、時代・社会状況の変化は当然あるのだけど、
理想は普遍的なものなので、
充分痛快に読むことのできる作品です。

女性関係も健在

同作者の」「島耕作」を読んだ人ならわかると思いますが、
この作品でも、女性の存在がいいアクセントとなって
読む側を飽きさせない!

たまにある女性とのシーンを
少し期待しつつ読むのも乙だと思います。
(島耕作と比較すると、こちらは政治家なので当然少ないです( ;´Д`)

漫画「加治隆介の議」 感想 まとめ

古い作品なのですが、
日本の政治は当時も今も、あまり変わってないのかなぁと感じるのは

政治にも色々なしがらみがあって、
理想だけでは世の中は動いていかないのが現実なのだろう。

政治家に投票する国民にも、資産家や経営者もいれば、
単なる労働者もいて、それぞれ信条がある。

加治隆介の掲げるキレイごとを貫けるほど、
現実はキレイではないのです。

ですが、

作品は痛快で今読んでも充分面白い。

連載当時に読んでれば、
社会・政治状況ともリンクして10倍面白く読めたんじゃないかと思うと
ちょっと悔しい・・!

「加治隆介の議」を読んでみる

電子貸本Renta!で「加治隆介の議」の無料サンプルを読んでみる
電子書籍最大級のeBookjapanで「加治隆介の議」を試し読みしてみる
漫画を買うなら漫画全巻ドットコム!「加治隆介の議」は、全巻セットで4,000円!
メルカリ (フリーマーケット)で「加治隆介の議」を探してみる

同作者のおすすめ作品

弘兼憲史氏の原点的 人間ドラマ作品!

おすすめ完結漫画を厳選してご紹介!(大人・おじさんでも面白いマンガ)
マンガを無料 or 安く読むための3つの方法(無料編)
マンガを安く読むための3つの方法(有料編)