漫画「サバイバル」レビュー&感想 先が読めないサバイバル感が素敵!ねずみ年だけに絶対に読みたい作品だぜ!!

スポンサーリンク
オトナの感動マンガ

漫画「サバイバル」/作者:さいとうたかを レビュー&感想

スポンサーリンク

漫画「サバイバル」評価

個人的満足度: 80%

作品的星評価 :★★★★☆ 4/5

個人的満足度:
読んで良かった、面白かった、好きなタイプ(内容)のマンガ作品かを、個人的主観での満足度を%で表しています。

作品的星評価:
絵・ストーリー展開・物語設定など、作品の全体像を、できるだけ客観的に見た評価です。

※感想は、年齢・年代・時期(季節)・心理状態・境遇・趣味によって変化しますので、読書時点での感想です。
再読時は評価が変わる可能性があります。

漫画「サバイバル」 レビュー(あらすじ)

大地震で、文明がもろくも崩れ去った中で、
サトル少年のサバイバルが始まった。 

ただ一人、荒野をさすらうその行く手に待ち受けているのは生か死か…。
過酷な少年の運命を通して、文明を失った現代人の理性と本能を描いていく。

大地震は現実に起こりうる。
あなたは生き抜くことができるだろうか?

Amazonより

漫画「サバイバル」 作品データ


作者   :さいとうたかを
掲載誌  :週刊少年サンデー
コミックス:全22巻 文庫版:全10巻
掲載期間 :1976~1978

漫画「サバイバル」

漫画「サバイバル」 感想

往年の名著!

さいとうたかを氏の代表作は、「ゴルゴ13」ではありますが、
この「サバイバル」も知る人ぞ知る作品ではないでしょうか。

天変地異が起こり、文明が崩壊した日本で
人はどうやって生き抜くのか。

それを問いかけるような作品になっています。

色んな示唆に富んでいる

この作品の後に、
日本でも様々な災害が起こり、
何が起こってもおかしくないというのは
誰もが感じていることだと思います。

今読んでもこの作品が色あせていないのは
そんな危機的状況でどうするべきなのかのヒントが
詰まっているからでしょう。

漫画「サバイバル」 感想 まとめ

どんなに過酷な状況に陥っても
何としてでも生きる、
生き物とはそういう存在なんだということを教えてくれる作品です。

序盤は、物語の先に何が待っているのか、
偶然出会った、たった一人の女性とどうなるのか?と
先の読めない非常に面白い展開でしたが、
後半に行くにつれて
徐々にマンネリ化した印象は否めません。

終わり方も消化不良ではありますが、
前半からぐいぐい読ませる展開は流石、
読んで良かったと思う作品でした。

ほんと、いつ
予想もつかない天変地異やバイオハザードがやってくるか分からないので、
シミュレーションしておくことに越したことは無いと
改めて感じますよ。

PS 現代風作画のリメイク版もあります。

「サバイバル」を読んでみる

電子貸本Renta!で「サバイバル」の無料サンプルを読んでみる!
電子書籍最大級のeBookjapanで「サバイバル」を試し読みしてみる!
漫画を買うなら漫画全巻ドットコム!「サバイバル」は、全巻セットで6,804円!
メルカリ (フリーマーケット)で「サバイバル」を探してみる

同作者:さいとうたかを さんのおすすめ作品

おすすめ完結漫画を厳選してご紹介!(大人・おじさんでも面白いマンガ)
マンガを無料 or 安く読むための3つの方法(無料編)
マンガを安く読むための3つの方法(有料編)

コメント