漫画「るきさん」レビュー&感想 高野文子入門に最適のお気楽な18コマ!!

スポンサーリンク
オトナの感動マンガ

漫画「るきさん」/作者:高野文子 レビュー&感想

スポンサーリンク

漫画「るきさん」評価

個人的満足度: 50%

作品的星評価 :★★☆☆☆ 2/5

個人的満足度:
読んで良かった、面白かった、好きなタイプ(内容)のマンガ作品かを、個人的主観での満足度を%で表しています。

作品的星評価:
絵・ストーリー展開・物語設定など、作品の全体像を、できるだけ客観的に見た評価です。

※感想は、年齢・年代・時期(季節)・心理状態・境遇・趣味によって変化しますので、読書時点での感想です。
再読時は評価が変わる可能性があります。

漫画「るきさん」 レビュー(あらすじ)

『るきさん』は、高野文子による日本の漫画作品。
『Hanako』にて1988年6月2日号から1992年12月17日号まで連載された。全57話。
バブル時代を背景に、きままな独身生活を送る女性を描く。

ほぼ月1回の間隔で、毎回2ページ(最終話のみ3ページ)のオールカラーで連載した。
見開き2ページに、均等に割られた全16コマで1つの話が描かれる。
なお、1コマ目はタイトルになっている

Amazonより

漫画「るきさん」 作品データ


作者   :高野文子
掲載誌  :Hanako
コミックス:全1巻
掲載期間 :1988~1992

漫画「るきさん」

漫画「るきさん」 感想

高野文子さんの4コマ的な作品

バブル時代の気ままな独身OLを描いた、
4コマ漫画的な読み切り作品。

高野文子さんの作品は短編でウィットに富んでいて
前衛的な感じがほのぼのとした中にも
良く表れていて、
高野文子さんだぁと思うこと必至。

漫画「るきさん」 感想 まとめ

ちょっと前に
高野文子さんの「黄色い本」がスゴイというのをどこかで見て
読んでみたのですが、その面白さは私には理解不能でした。

独特の感覚を持っていることはビンビン伝わってくるけど
私の面白いではないし、理解できないのだ。

理解できないのは悔しいので
ほかの作品も読んでみようということでの
「るきさん」
たしかに「黄色い本」よりは読みやすい、
16コマだから。

日常のなんとなく面白いところを
うまくピックアップしてあるとは思うけれど
進んで読みたい作品ではなかった。

とても評価の分かれる漫画家さんと思います、
私は合いません。

「るきさん」を読んでみる

電子貸本Renta!で「るきさん」の無料サンプルを読んでみる!
電子書籍最大級のeBookjapanで「るきさん」を試し読みしてみる!
漫画を買うなら漫画全巻ドットコム!「るきさん」は、1760円!
メルカリ (フリーマーケット)で「るきさん」を探してみる

同作者:高野文子 さんのおすすめ作品

クセがスゴイ!

おすすめ完結漫画を厳選してご紹介!(大人・おじさんでも面白いマンガ)
マンガを無料 or 安く読むための3つの方法(無料編)
マンガを安く読むための3つの方法(有料編)

コメント