情報商材で副収入

スポンサーリンク
副収入を得る方法

情報商材で稼ぐ方法

スポンサーリンク

情報商材とは

情報商材(じょうほうしょうざい)とは、
主にインターネットなどを介して売買される情報のこと。
「情報」の内容自体が商品となるものである。

情報商材は、それ自体に金銭的な価値を設定し、売買されるものであるが、
特に「ある目的を達成するための方法」を指すことが多い。

これらは、いわゆるハウツーやマニュアルのような実利的な情報であるが、
こと日本では2000年代以降に
インターネット経由で「儲かる」や「成功する」などの
方法論・手法をまとめたテキストの類を販売する業者や個人が増加している。

2000年代における情報商材では、
株式売買や先物取引などから成功報酬型広告など様々な分野で儲ける方法や、
俗なところでは「異性にもてる方法」や脱オタク・裏技の類なども見出せるところである。
劣等コンプレックス解消を謳うものもトップ3に挙がる
Wikipediaより

ネット上で売られている情報商材の代名詞的なものは、
「お金を儲けるための方法」的なものと言えるでしょう。

情報商材って稼げるの?

情報商材は、売れれば、めちゃくちゃ稼げます。
販売コストがないようなものですから。

情報商材をイチから作った人は、
時間をかけて作っているでしょうから、
商材を作成して、販売開始するまでの労務費はかかりますが、

一度作ってしまえば、
ネットで情報をダウンロードしてもらうだけで商売が成立しますから、
コストはほとんどかかりません。

その意味でも、原価率は低いです。

それでいて、
販売価格は強気の設定が多いです。

これは、販売網としてのアフィリエイターに
多く報酬を払って売ってもらうという意図が強いように思います。

情報商材は、商品の性質上、
中身を見せて売ることができませんから、

売りにくいし、売れにくい

その分売れた時のマージンは大きい、

という販売構造になっています。

情報商材を売ってみる

情報商材を売るにはどうすればよいか?

以前は
ヤフオクの情報商材カテゴリーで販売するのが定番でしたが、
現在は、
個人で情報発信しやすくなったため、
アフィリエイトブログや、サイトで売るのが主流です。

情報商材をアフィリエイターとして売ってみる

情報商材を主に扱うASPは、2つあります。

インフォカート

アフィリエイト報酬1件1万円超え!日本最大級の電子書籍ASPインフォカート

成約1件あたりの報酬1万円越え、アフィリエイトASPのインフォカート

インフォトップ

infotop

この2つです。

こちらに登録すると、それぞれ扱っている情報商材を、
アフィリエイトできますので、
やってみようと思う方は、登録してみてください。

気に入ったものを、自分のサイトやブログで紹介して、
売れれば報酬を得ることが出来ます。

 

情報商材を売って、一発当てる

情報商材を扱う魅力は、
何といっても報酬の高さです。

一撃1万円と言う案件もざらにあります。

一発が大きい分、
売るのも難しいと思いますが、

まずは、自分がコレと思う商材を買ってみて、
その有用性を、自分のサイトでアピールする、と言うのが
王道ではないでしょうか。

情報商材に興味のある方は、

インフォカート と
インフォトップ
一度を覗いてみてはいかがでしょうか。
※リンクから公式サイトに行けます。

 

今まで、
情報商材を知らなかった方は、

「あなたの知らない世界」が広がっているのを

実感できると思います。

コメント