シェアする

ホットコーヒーを真空断熱水筒で飲むメリット・デメリット 節約にもなったよ!

スポンサーリンク

コーヒーが好きです。本格的なこだわりはありませんが

おいしいコーヒーを飲みたいけれど、

コンビニコーヒーをクルマからわざわざ降りて
買うのも面倒くさいですし、
カップは持ち運びも不便だし・・・。

その程度のコーヒー好きなので、

リキャップ缶の缶コーヒーを
ネットで安く箱買いして必要なだけ持って出かける
というスタイルで当分過ごしていました。

しかし、

箱買い缶コーヒーでは、
夏場はぬるく、
冬場は冷たい
 という問題がありました。

更に、空き缶が大量発生して
邪魔になるという問題もあります。

それでも、
約400mlのリキャップ缶を箱買いすれば、
1缶当たり100円以下で買えるので、

コンビニでコーヒー買うよりは、
安くて量も多いですし、

ふたがキッチリできて持ち運びにも便利、
いつでも飲めるメリットがあります。

テイストは少し残念だけれど・・

という思いで、

これまで
リキャップ缶の缶コーヒーで
コーヒーライフを過ごすのを「是」としてきました。

「アサヒ飲料ワンダ極」なら、現在100円以下/本 で買うことができます

オッサンはホットが好きなのよ

しかし、私は既にオッサン、

できれば常にホットを飲みたいと思っていたのも事実です。

クルマでは缶コーヒーを飲みますが、

家や会社では、
インスタントコーヒーを、
真空断熱タンブラー(象印300ml)に淹れて飲みます。

真空断熱タンブラーといえど、保温性はふたが無いからイマイチ、
思いの外 早く冷めてしまって、

冷めきる前にガブっと飲んじゃって、
また熱いのを淹れるのリピートで、

コーヒーの消費量がマシマシ状態になっていました。

何か良い案は無いものかと考えた結果、

小さめの真空断熱水筒にコーヒーを入れて、
常に持って歩けば良いんじゃない?と思い、

350mlサイズの水筒を買うことにしました。

サーモス350mlver.に決定

象印の300mlタンブラーとの大きさ比較

クルマのドリンクホルダーにも入りますし、
パールホワイトアイボリーで可愛らしいです。

ここからは、
2週間ほどホットコーヒーを入れて使った感想を書いていきます。

真空断熱水筒にホットコーヒーを入れるメリット

・保温力が半端ない!

本当に、いつまでもアツイ。
5時間くらいはアツアツのまま飲めます!

・手軽に持ち運びできる

アツいコーヒーを入れていても、水筒の外側は全然熱くない。
密閉力が強力なので、水筒を横に転がしても全然大丈夫!

・コーヒーを飲む量が減る

これは意外な効果でした。
沸騰したてのお湯でコーヒーを淹れると本気でアツい状態が長時間持続、
アツすぎて「ちょびちょび」しか飲めません。
その結果、コーヒー飲む総量が減って、水筒1杯が長く楽しめます。

コーヒー飲みすぎかな?と思っていたので、
地味に嬉しいポイントです。

・コーヒーコストが削減できる

リキャップ缶400ml缶コーヒーは、1本90円程度。
粉のインスタントコーヒーは、350ml淹れても
1杯20円もかかりません。

私はブレンディ派です

・ゴミが減る

缶コーヒーだと、空き缶が大量に発生します。
空ペットボトルなどもかさばるので嫌いです。
ゴミがあまりでないのでエコな感じでいい!

真空断熱水筒にホットコーヒーを入れるデメリット

・舌を火傷する

飲み口が、大きく、
飲み物が一気に出てくる+出量を調節し辛いので、
沸騰したてのお湯で作ると、
飲むのをためらう+かなりの勇気が必要なくらいのアツさです。
(猫舌の人は注意が必要です)

ポットなどでお湯の温度を調節できていれば最高ですが、
私の場合は、IHで その都度 沸かしているから温度調整が難しいです( ;∀;)

・飲み口にコーヒーが飛散する

水筒本体にコーヒーの粉を入れてから、
お湯を入れ、
マドラーみたいなもので混ぜればちょっとカッコいいのですが、

面倒くさいので、
そのままふたをして、振ることで混ぜたことにしています(´Д`)

すると 熱湯なので、
水筒内部の空気が温まって膨張+蒸気も発生=
水筒内部圧力が高まって、

ふたを開けるとき「ポンッ」と勢いよく開いた拍子に
コーヒーが飛び散って、こんな感じになります。
(危険ではありません)

コーヒーの汚れは目立つんですよね。

・洗うのが面倒

上記のように、
飲み口の部分が見た目的に良くないので
気になる人は頻繁に洗う必要があります。
水筒内・パッキンなどパーツも多いので、
少し手間がかかります。

水筒でホットコーヒーを飲むメリットとデメリット まとめ

いつでも温かいコーヒーが飲める喜び、
ゴミが減る喜び、

そして、

コストダウン(節約まで)できる喜びは、

火傷のリスクをも飲み込みます。

現在は、水筒スタイルがすっかり気に入って、2週間ほど経ちました。

家でも会社でもクルマの中でも、
ずっと水筒持って、アツいコーヒー飲んでます。

タンブラーも全く使わなくなってしまいました( ゚Д゚)

ホットコーヒーを水筒で飲む
かなり満足です!

夏場はどうしようかなぁ。

サーモスの真空断熱水筒2000円くらいでしたけど、
満足度は高いです。

ポイントサイトは得しかない!けど、ASP系セルフバックの高還元率は要チェックですよ!!