漫画「アドルフに告ぐ」レビュー&感想 読んでおかなくてはならない後期手塚治虫の代表作

スポンサーリンク
オトナの感動マンガ

漫画「アドルフに告ぐ」/作者:手塚治虫 レビュー&感想

スポンサーリンク

漫画「アドルフに告ぐ」評価

個人的満足度: 90%

作品的星評価 :★★★★★ 5/5

個人的満足度:
鑑賞して良かった、面白かった、好きなタイプのマンガかを、個人的主観で満足度評価しています。

作品的星評価:
絵・ストーリー展開・物語設定など、作品の全体像を、できるだけ客観的に見た評価です。

※感想は鑑賞時の 年代・時期(季節)・心理状態・境遇・趣味によって変化します。
 あくまでも、鑑賞時点の感想ですので、再読時は評価が違う可能性があります。

漫画「アドルフに告ぐ」 レビュー(あらすじ)

1983年、イスラエル。

1人の日本人男性がひっそりと墓地の一角に佇み、
ある墓の前に花を供えた。

彼の名は峠草平。

40年前、3人の「アドルフ」に出会い、
そしてその数奇な運命に立ち会うことになった彼は、
全ての終わりを見届けた今、

その記録を1冊の本として綴ろうとしていた。

Wikipediaより

漫画「アドルフに告ぐ」 作品データ

作者:手塚治虫
掲載誌:週刊文春
コミックス:全5巻
掲載期間:1983~1985

漫画「アドルフに告ぐ」

漫画「アドルフに告ぐ」 感想

子供には解らないだろう

手塚治虫作品と聞くと、
まず、子供向けの作品が思い浮かぶと思います。

ですが、

晩年は大人向けの凄い作品が多いことにまず驚きます。

「アドルフに告ぐ」もその一つ。

漫画「アドルフに告ぐ」 感想 まとめ

手塚作品の中でも、
最も印象に残っている作品の一つ。

手塚治虫の作品数にも驚きますが、
子供向けマンガだけでなく、

後期の大人向け漫画も
読んで良かったものが多いです。

その中でも、最も衝撃を受けたのが、
「アドルフに告ぐ」です。

ストーリーの完成度、
メッセージ性、
歴史的観点、色んな意味で凄い。

特に、人種・差別に対する苦悩については
考えさせれられます。

手塚漫画と侮るなかれ、
(この作品を読むまで、私 侮ってました<m(__)m>)

大人にこそ読んで欲しい作品です。

特に
30代後半以上の、戦後や冷戦を知っている人の方が
心に刺さるハズです。

dtvは、ダウンロード可・見放題・動画配信サービス!!
無料トライアルで試してみて!


漫画をもっと 楽しく・安く・便利に 読むなら

電子書籍・マンガをレンタル!?&読み放題も780円~

少年漫画も青年漫画もオンラインコミックを100円レンタル、電子貸本Renta!

マンガ配信数世界最大級!(約59万冊)の電子書店!

人気マンガをダウンロードできる!:eBookJapan

気に入った漫画を一気に安く揃えたい!

キレイな古本を漫画全巻セット一括購入:全巻漫画ドットコム

読まなくなった漫画を一度に売りたい!

送料無料でご自宅まで集荷いたします。ネットオフの宅配買取 本&DVD買取コース!

マンガをネットで宅配レンタルで超便利!

TSUTAYAのネット宅配レンタル、無料お試しキャンペーン実施中!

マンガを無料 or 安く読むための3つの方法(無料編)
マンガを安く読むための3つの方法(有料編)

コメント