シェアする

漫画「しっぷうどとう」レビュー&感想 地味目の剣道マンガだけど、隠れた良作ですよ!コレは!! 

漫画「しっぷうどとう」/作者:森田賢司 レビュー&感想

しっぷうどとう

スポンサーリンク

漫画「しっぷうどとう」評価

個人的満足度: 80%

作品的星評価 :★★★★☆ 4/5

個人的満足度:
鑑賞して良かった、面白かった、好きなタイプのマンガかを、個人的主観で満足度評価しています。

作品的星評価:
絵・ストーリー展開・物語設定など、作品の全体像を、できるだけ客観的に見た評価です。

※感想は鑑賞時の 年代・時期(季節)・心理状態・境遇・趣味によって変化します。
 あくまでも、鑑賞時点の感想ですので、再読時は評価が違う可能性があります。

漫画「しっぷうどとう」 レビュー(あらすじ)

長門烈は、何をやってもぱっとしない高校一年生。
入学した佐倉神城高校も、第3希望の高校だ。

しかも入学早々、先輩からのヤキ入れにあい、
烈は理不尽なものを感じつつも、たちうちできない。

そこに現れたのが2年生の阿南俊。
彼は、簡単に烈たちを救い出す。

そんな阿南の姿に惚れた烈は、
彼のようになりたいと、阿南の所属する剣道部に赴く。
Amazonより

漫画「しっぷうどとう」 作品データ

作者:森田賢司
掲載誌:ビッグコミックスピリッツ
コミックス:全11巻 完結
掲載期間:1996~1998

漫画「しっぷうどとう」

漫画「しっぷうどとう」 感想

剣道マンガの秀作

題材としては珍しい剣道のマンガ、
主人公の成長と、葛藤が描かれています。

漫画「しっぷうどとう」 感想 まとめ

マンガのテーマとしては珍しい剣道、
物語のストーリーも無理なく、スピード感もあって
すらすらと読める気持ちのいい作品でした。

剣道の全くの初心者で、
主人公:長門烈の成長するスピードが速すぎる!?きらいはあるけれど、
そのおかげもあって、
ストーリーが締まっているし、
ダレた感じなく進みます。

私の人生の中で、
剣道というスポーツに興味を抱いた時期は一度もありませんでしたが、

マンガの絵からも
打つか、打たれるかの緊張感が十分に伝わってきて
剣道の醍醐味をよく感じ取れました。

剣道の思い出といえば、
高校の時の授業で、
上手な奴に面(頭のてっぺん)を打たれて、
痛かったというのと、
防具(特に小手)が非常に臭かったという、
ネガティブな思い出しかありませんが、

作中では、
剣道の試合中の緊張感を、
うまく表現されていると感じますし、
真剣に技を磨いてきた者同士の
勝負の中での、一瞬の重みが伝わってきます。

この漫画を読んで、
剣道の試合 見たら面白いかも?と思いました。

技や戦略、心理戦が織りなす
勝負の瞬間を目の当たりにしても、
素人目には解らないかもしれないけど( ゚Д゚)

テーマとして、
主人公の成長と、仲間たちとの友情という面でも、
最終巻できれいにまとまっていますし、

読んで、
スッキリできる、いいスポ根マンガでした!

「しっぷうどとう」を読んでみる

電子貸本Renta!で「しっぷうどとう」の無料サンプルを読んでみる
電子書籍最大級のeBookjapanで「しっぷうどとう」を試し読みしてみる
キレイな中古マンガ「しっぷうどとう」は全巻セットで3,990円!
メルカリで「しっぷうどとう」を探してみる

おすすめ完結漫画を厳選してご紹介!(大人・おじさんでも面白いマンガ)
マンガを無料 or 安く読むための3つの方法(無料編)
マンガを安く読むための3つの方法(有料編)