シェアする

使用済バッテリー(クルマ用)が予想以上に高く売れてウハウハっす!!

sponsored link
スポンサーリンク

使用済みクルマのバッテリーを処分します

年末に少し片づけようと思い立ち、
玄関先を見てみると、

捨てようと思いつつ
なかなか売りに行くのは面倒なので、

当分放っておいたクルマ用バッテリーが
3つありました。

産業廃棄物業者に引き取ってもらうと、
再生資源として
いくらかお金になるのは知っていましたが、

業者ではないので、
バッテリー3つがいくら位になるのかな?

と思いつつ、
産廃業者へ持ち込みました。

※規模大きめのきちんとした(計量器がある)
産業廃棄物処理業者に持って行ったほうが良いです。

普通乗用車用バッテリー3つ引き取りでいくらになるのか?

3,078円

キチンとした明細を出してくれます。

内訳は、
B19サイズ×1個、B24サイズ×2個
計 30㎏

予想以上に儲かった!!

2017.12現在、鉛の引取り価格 95.0円/㎏ だったようです。

素材の価格(バッテリーは鉛)は日々変動しているので、
常にこの価格ではないですが、
ある程度の目安になると思います。

クルマ用バッテリーの重さの目安

軽自動車に
付いているバッテリーサイズは、
B20サイズが一般的で、
重さが約9㎏程度です。

バッテリー適合検索はこちらのサイト様からできます。
【激安バッテリー市場】

今回、バッテリーを売りに行って、
予想以上の収入に大満足です。

余談になりますが、
最近のアイドリングストップ機構が付いているクルマのバッテリーは、
大きさは同じでも性能が良いものを選ばなくてはならないようで、
その分価格も高くなっていますから、
少しでも節約したいですね!
3つで1,000円くらいかなと思ってましたから。

自分でバッテリー交換して節約+小遣い稼ぎしよう!

以前、L375タントのバッテリー交換方法の
記事を書いたことがありますが、

タント(L375)のバッテリー交換方法

バッテリー交換を自分でやって、
はずしたバッテリーは、
邪魔になったり、
産廃業者まで持って行くのが手間だとは思いますが、

お父さんの、
ちょっとしたお小遣い稼ぎになりますし、

家族のクルマのバッテリー交換作業を
買って出ることで、
「できるお父さん」アピール+バッテリーの個数稼ぎもできるのでは!?

そうすれば
まさに一石二鳥。

バッテリーは、
ディスカウントショップやホームセンター
送料の負担が無ければ、
ネットショッピングでAmazonや楽天で仕入れてもいいですしね。

ディーラーやカーショップ、ガソリンスタンドで
高価なバッテリーを買って、
作業工賃まで払って、
廃棄バッテリーは置いて帰るよりも、

そんなに難しい作業ではないので、
自分でクルマのバッテリー交換をやってみるのも
良いと思います!!

バッテリー交換作業時 これだけは守って!

作業時 最低限守ってほしいのは、

バッテリーを裏返しにしたり、極端に傾けたりしない。
プラス側(赤側)とマイナス側(黒側)を接触させない。

この2点です。



ポイントサイトは得しかない!けど、ASP系セルフバックの高還元率は要チェックですよ!!
sponsored link
スポンサーリンク

シェアする

フォローする