シェアする

消防設備士試験の科目免除を受ける?科目免除受けない?どちらが有利かはっきりわかりました!!

sponsored link
スポンサーリンク

消防設備士試験の科目免除を受ける受けないの答えは

消防設備士試験を受ける時に科目(一部)免除を受けるか受けないかは、
その権利を有する人にとって、悩むところではないかと思います。

ここでは、
私の経験も含め、どちらが良いか考えていきます。

消防設備士試験の科目免除(一部免除)とは

消防設備士試験の試験を受験するにあたって、
既に消防設備士の資格を持っている、
電気工事士・電験 etc.を持っている方なら
試験問題の免除を受けれる場合があります。

詳しくは
主催者である消防試験研究センター様こちらのページでご確認ください。

ここからは、
消防試験研究センター様からの引用になります

一部免除

消防設備士、電気工事士、電気主任技術者、技術士等の資格を有する方は、
申請により試験科目の一部が免除になります。

その場合の試験時間は短縮になります。
なお、甲種特類試験には、科目免除はありません。

(1)消防設備士
筆記試験のうち、所有する免状の種類及び受験する種類により、
次表のように免除になります。
消防設備士資格による科目免除一覧表

(2)電気工事士
(電気工事士の試験に合格しても免状を所持していない者及び認定電気工事従事者は、免除は受けられません。)
筆記試験のうち、「消防関係法令」を除き、
「基礎的知識 」及び「構造・機能及び工事・整備」の
それぞれの科目中における「電気に関する部分」が免除なります。
更に、実技試験において、
甲種第4類・乙種第4類を受験する場合は、
鑑別等試験の問1が免除になり、
乙種第7類の場合は、全問が免除になります。

(3)電気主任技術者
筆記試験のうち、「消防関係法令」を除き、
「基礎的知識」及び「構造・機能及び工事・整備」の
それぞれの科目中における「電気に関する部分」が免除になります。

免除に対する考え方は2つある

消防設備士試験 科目(一部)免除を受けない人の考え

科目(一部)免除の権利を持っていても、
権利を行使しない人の多くは、こう考えます。

免除となる部分は、
基礎的なところが多いから、得点源となり得る。

しかも、
すでに勉強しているところなのだから、
時間をかけなくても得点することが出来るし、

消防設備士試験の全体の問題数は、
他の試験に比べて少ないから、

出来るだけ多くの問題をこなして、
一問のウェイトを減らして、

科目毎の 足切40% に引っ掛かる可能性を減らそう。

消防設備士試験 科目(一部)免除を受ける人の考え

免除できるところは全く手を付けず、
勉強時間の短縮化したい。

必要勉強範囲を絞ることで、
深く確実な知識を持って試験に臨もう。

このような考え方が基本になるハズ。

消防設備士試験の、科目免除を受けた方が良いのか、受けない方が良いのか

私は、
ようやくこの問題の結論を見つけました。

その結論とは・・

消防設備士試験、

「科目免除したほうが良い!!!」

断然、「免除を受ける」を推します、今は!(*´ω`*)

免除を受ける理由

①勉強期間にブランクがある
②他の消防設備士試験をぎりぎりで受かっている
③勉強時間を短縮できる
④出題範囲を狭めることで、モチベーションを維持しやすい

とにかく、
消防設備士試験は、
法令や設問自体の言い回しがいやらしくて分りにくいですし、

覚えなければならない細かい数値がたくさんあって
非常に面倒な試験と思います。

私は、
今月 消防設備士試験甲種3類 の試験が控えていますけど、
これが、同試験 2回目の受験となります。

前回の試験では、
法令などは何度もやっているし、
少しおさらいすれば思い出すだろうと、

免除一切なしで受験。

しかし、

それ以前の試験の時も勉強不足で、
感覚的にギリギリでしか受かっていないから
おさらいしても、
頭にほとんど知識が残っていなかった( ゚Д゚)

ということで 
惨敗、(実技にも進めなかった( ;∀;))

更に、不合格後、
モチベーションが下がって2年試験から遠ざかってしまって、
現在に至っています。

今回、
久しぶりに消防設備士試験を受けることにし、
今までとは方針をかえて 
免除を受けるという条件で準備してみると、

なんと、「楽」なことか!

非常に勉強がしやすいと感じるし、
勉強範囲を狭めることがこんなに快適なのかと、
感動すら覚えるくらいです。
(モチベーションの問題も大きいですが)

なので、

前回の試験から少しブランクがある、
法令が嫌い、
他の類も、あまり自信が無かったけど、
運よく受かっていた。

そんな感覚がある方は、
思い切って科目(一部)免除で受験する事をお勧めします。

逆を言えば、
コンスタントに消防設備士試験を受けている人は、
法令の共通部分・電気や機械の基礎部分で
楽に得点できるかもしれませんね。

ですが、
免除を受けると、特定の範囲を全く意識する必要がないので、
身軽で、かなりの勉強時間短縮できるのではないでしょうか。

そのことは、
計り知れないメリットだと思います。

新たに買った、参考書・問題集も今のところ
非常に良いので、
(こればっかりは、その時の試験問題によって当たりはずれで評価に大きく差が出るけれど)

とりあえずは、この参考書の内容をマスターして、
本番を迎えることにします。

消防設備士3類の問題集&参考書って、良いのが無かったけれど、この本は良いかもしれない

オーム社の消防設備士テキストの中で、
新しいこのシリーズは、
非常に勉強しやすいです。
今までで一番良いです。(3類は)

最後に・・

私自身、
まだ受かったわけではないんですけど・・・( ゚Д゚)

どんな試験でも、免除が受けれる試験は全て免除する!というのが、
これからの私の試験に対する定番になりそうです!

早く5類にコマを進めたい!

試験結果はこのブログで公表します。

sponsored link