シェアする

消防設備士3類の問題集&参考書って、良いのが無かったけれど、この本は良いかもしれない

スポンサーリンク

消防設備士甲種3類試験に挑戦

消防設備士甲種3類の試験を、
久しぶりに受けることにしました。

3年くらい前に一度受けて、
筆記試験の段階で落とされて以来
(筆記試験で60%以上の正解で、実技試験の採点をしてくれます)

かなり遠ざかってはいるのですが、
自身の資格に対するモチベーションが上がってきたので、

再びの挑戦です。

ただ、前回受験した時も、
参考書 兼 問題集 を数冊そろえていたけど、

それを読んでいても、

試験問題に対して的がハズレていたり、
漠然として重要なポイントが分りにくかったりで、

受験の後、
この参考書をしっかりやっても無理だったんじゃないか?
と思ったのも事実。

そこで、
新たに問題集でも出ていないかな?と思い
アマゾンで探してみました。

消防設備士3類試験用の問題集や参考書は少ない

消防設備士試験は、試験問題の持ち帰りができないため、
詳細な過去問題が出回ってなく、

明確な「過去問題集」が
発売されていないのが一つの特徴です。

それでいて、細かいところを聞いてくるし、
日本語の表現も、いやらしい場合が多いので
対策が難しいのです。
(個人的な感想です)

ネット上を見ると、
合格レベルに達成するに足る参考書がないので、
試験自体の合格率が低いとの見解もあります。

消防設備士甲種3類試験の合格率と難易度

平成28年4~5月の消防設備士甲種3類試験の結果を見ると、
合格率 34.4% と、思ったよりは高くなっていました。

参考リンク

試験実施状況|一般財団法人消防試験研究センター
国家資格である危険物取扱者試験と消防設備士試験の実施機関です。

が、年間ベースで見ると概ね30%に落ち着く感じですね。

短いスパンで見ると、
その時の問題の難易度によって偏りがあるということでしょう。
(参考書の例題に近い問題が多かったとか)

消防設備士3類のテキストは電気書院もあるけど、オーム社を買ってしまいます

私が今回買ったのは、オーム社の本

オーム社から 2016/4/26に発刊された 最新の消防設備士3類テキストです。
DSC_6356

以前買っていたものも、
全てオーム社で、
実際に失敗してきましたけど、
(勉強不足が主な原因ですが( ;∀;))

なんとなく好きな オーム社、
とりあえずの オーム社。
今回も オーム社。

そんな感じで買ってみました。

オーム社の新しい消防設備士3類の参考書は良いのか悪いのか?

新たなシリーズの消防設備士試験の本は、
今までのより数段良いと感じています。

今までに買った本

今までに買った本

まず、重要と思われるポイントが
パッと見でも解りやすく書いてある。

ここが今までの本との大きな差です。

勉強するにあたって、どこを覚えればよいのか?
出そうなところはどこなのか? を、
ある程度でも把握できないまま、

漠然と勉強を進めるのは、終わりが見えにくいし、
モチベーションを維持するのが難しいです。

その点、
新しい参考書は、分りやすく道を照らしてくれていますね。

ただ、
照らしてくれた道が、
正しいのかどうかは、これから結果が出るのですが( ゚Д゚)

私が受ける消防設備士甲種3類の試験は、
8月下旬です。

モチベーションは未だ衰えていないので、
残り数週間、オーム社「3類消防設備士 集中ゼミ」を信じて
試験の日を迎えたいと思います。

消防設備士3類を受ける方で、
参考書を探しているなら、

今までのオーム社の本の中では最新で、
最も合格に近い内容じゃないかと感じていますので、
(モチベーションの影響もあるけど)

本屋に置いてあれば、
一度手に取ってチェックしてはいかがでしょうか。

新たに問題集も発売されましたね。

というのも、最新であります。

内容を見ていないのでなんとも言えませんけど、
見た目の雰囲気はいいですね。

消防設備士問題研究会/電気書院というのもそそります。
が、私はオーム派なので、今回はパス。

あって欲しくはないけど、
次回 3類を受ける機会があるなら買ってみようと思っています。

3類なんてマイナーなので、
田舎の本屋では行っても置いてないところも多いから、
中身を見れないし、
現時点でレビューもないのでどうなんでしょうね。

興味はありますので、
もし買った方がいらっしゃるなら
感想を聞かせていただけると、うれしいです。

8月末の試験、どうなったのかは
またここで書こうと思います。